フード > 県産品 > 九州・沖縄 > 沖縄 > 

琉球ガジュツ 粒 1000錠

琉球ガジュツ 粒 1000錠
商品を拡大する その他の画像

  • 商品番号:R220420H
当店では現在お取り扱いしておりません
内容量:200g(約1000粒)
約1-2ヶ月分
1日量(目安):15-30粒
サイズ:79*79*151(mm)
JANコード: 4991620020621
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

琉球ガジュツ 粒 1000錠の関連成分

商品説明

「琉球ガジュツ 粒 1000錠」は、残留農薬などの心配がないよう、未開拓地を開墾して手間ひまかけて栽培したガジュツが原料。充分熟成してから収穫し、滅菌しています。太陽の光と大地の恵みに溢れた、品質の良いガジュツをお召し上がり下さい。

お召し上がり方

1日15-30粒を目安に何回かに分けてお召し上がりください。
*開封後、開封日をご記入の上、お早めにお召し上がりください。

保存方法

高温・多湿及び直射日光を避けて、保存して下さい。

注意

●まれに体質により合わない場合がありますので、その場合は使用を一時中止してください。
●妊娠・授乳中の方および薬剤を処方されている方は、召し上がる前に医師にご相談ください。
●本品は植物素材を原材料として使用しておりますので、商品によって色調等が異なる場合がありますが、品質には問題ありません。
●乳幼児の手の届かない所に保管して下さい。

ガジュツとは

カジュツ(学名:クルクマ・ゼドアリア)とはショウガ科クルクマ(ウコン)属の多年草で、根の部分が利用されます。ガジュツは初夏(5-6月頃)に花をつけるため「夏ウコン」、また、包葉の色や根茎の切り口が紫色であることから「紫ウコン」とも呼ばれています。同じウコンの仲間に春ウコンと秋ウコンがありますが、それぞれ成分の比率には違いがあります。ウコン類に含まれる主な成分は、香り成分の「精油」と、黄色い色素成分「クルクミン」ですが、ガジュツは、シネオール・カンファー・アズレンなどの精油が多いことが特徴で、クルクミンはほとんど含まれていません。

ウコン(うこん)とは

ウコンとは、アジアの熱帯地域を原産地とするショウガ科クルクマ属(ウコン属)の植物です。ウコンという名称がつくものには、春ウコン (Curcuma aromatica) 、秋ウコン (Curcuma longa) 、紫ウコン (Curcuma zedoaria) 、ジャワウコン (Curcuma xanthorrhiza)、黒ウコン(Kaempferia parviflora) があります。そのうち、黒ウコンだけはクルクマ属(ウコン属)ではなくケンペリア属に分類されており、別名を黒ショウガ、原産国のタイではクラチャイダムといいます。他にも別名を持つ種類もあり、春ウコンはキョウオウ、紫ウコンはガジュツ、ジャワウコンはクスリウコンとも呼ばれています。ウコンもその種類によって含まれる成分が違います。

紫ウコン(ガジュツ)とは

ガジュツはヒマラヤ原産のショウガ科ウコン属の多年草です。別名紫ウコンとも言いますが、ウコンとは別種で、ウコンに比べ寒さに弱いので、沖縄などの暖かい地方で栽培されています。根茎が生薬として使用されます。

賞味期限等の表記について

パッケージに記載。



琉球ガジュツ 粒 1000錠のレビュー
レビューを書く
レビューは投稿されていません。
 
原材料
莪ジュツ末
乳糖
増粘多糖類
ショ糖脂肪酸エステル

栄養成分表
(100gあたり)
エネルギー376kcal
たんぱく質8.0g
脂質3.2g
炭水化物78.9g
ナトリウム58.4mg