琉球ガジュツ粉末100g(沖縄産ガジュツ100%)

琉球ガジュツ粉末100g(沖縄産ガジュツ100%)
商品を拡大する その他の画像

  • 商品番号:R218380H
当店では現在お取り扱いしておりません
内容量:100g
約10日分
1日量(目安):10g前後
サイズ:210*120(mm)
JANコード: 4991620020034
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

琉球ガジュツ粉末100g(沖縄産ガジュツ100%)の関連成分

商品説明

「琉球ガジュツ粉末100g(沖縄産ガジュツ100%)」は、沖縄産のガジュツを粉末に仕上げた健康補助食品です。ガジュツはショウガ科クルクマ(ウコン)属の多年生草木一種で、学名はクルクマ・ゼドアリア。シネオール・カンファー・アズレンをはじめとした精油成分が豊富に含まれています。中国宋時代の書物に「ガジュツ」という原名で収載され、当時から民間で重宝がられていました。毎日の健康維持、ダイエットのサポートにお役立てください。

お召し上がり方

1日のお召し上がり量は、10g前後を目安にして下さい。
衣類等を汚す事がありますので、ご注意下さい。開封後は2ヶ月を目安にお召し上がり下さい。

ガジュツとは

カジュツ(学名:クルクマ・ゼドアリア)とはショウガ科クルクマ(ウコン)属の多年草で、根の部分が利用されます。ガジュツは初夏(5-6月頃)に花をつけるため「夏ウコン」、また、包葉の色や根茎の切り口が紫色であることから「紫ウコン」とも呼ばれています。同じウコンの仲間に春ウコンと秋ウコンがありますが、それぞれ成分の比率には違いがあります。ウコン類に含まれる主な成分は、香り成分の「精油」と、黄色い色素成分「クルクミン」ですが、ガジュツは、シネオール・カンファー・アズレンなどの精油が多いことが特徴で、クルクミンはほとんど含まれていません。

ウコン(うこん)とは

ウコンとは、アジアの熱帯地域を原産地とするショウガ科クルクマ属(ウコン属)の植物です。ウコンという名称がつくものには、春ウコン (Curcuma aromatica) 、秋ウコン (Curcuma longa) 、紫ウコン (Curcuma zedoaria) 、ジャワウコン (Curcuma xanthorrhiza)、黒ウコン(Kaempferia parviflora) があります。そのうち、黒ウコンだけはクルクマ属(ウコン属)ではなくケンペリア属に分類されており、別名を黒ショウガ、原産国のタイではクラチャイダムといいます。他にも別名を持つ種類もあり、春ウコンはキョウオウ、紫ウコンはガジュツ、ジャワウコンはクスリウコンとも呼ばれています。ウコンもその種類によって含まれる成分が違います。

紫ウコン(ガジュツ)とは

ガジュツはヒマラヤ原産のショウガ科ウコン属の多年草です。別名紫ウコンとも言いますが、ウコンとは別種で、ウコンに比べ寒さに弱いので、沖縄などの暖かい地方で栽培されています。根茎が生薬として使用されます。

賞味期限等の表記について

パッケージに記載。



琉球ガジュツ粉末100g(沖縄産ガジュツ100%)のレビュー
レビューを書く
レビューは投稿されていません。
 
原材料
莪ジュツ末

栄養成分表
(100gあたり)
エネルギー379kcal
たんぱく質20.4g
脂質1.3g
炭水化物71.3g
ナトリウム19.3mg