ラマストンプラスL 17g

  • 商品番号:R116840H
当店では現在お取り扱いしておりません
内容量:17g
サイズ:114*24*34(mm)
JANコード: 4987316031545
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

ラマストンプラスL 17gの関連成分

販売店舗について

九州・沖縄・中国・四国・関西(三重県除く)へのお届け:ケンコーコム(福岡県飯塚市)
上記以外へのお届け:ケンコーコム(栃木県宇都宮市)
情報提供・相談応需:販売店舗の薬剤師又は登録販売者

商品説明

「ラマストンプラスL 17g」は、1日1回の使用でも効果をあらわす、さっぱりとしたクリームタイプの水虫治療薬です。ピリドン系の成分シクロピロクスオラミンに、局所麻酔剤を配合し、かゆみの強い水虫にもよく効きます。また、シクロピロクスオラミンは、白癬菌が寄生している角質層への親和性にすぐれ、強い抗菌作用をあらわします。

使用上の注意

してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
(1)目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、外陰部等。
(2)湿疹。
(3)湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部。

相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)乳幼児。
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)患部が顔面又は広範囲の人。
(6)患部が化膿している人。
(7)「湿疹」か「みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人。(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い。)
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください
(1)使用後、次の症状があらわれた場合
関係部位:皮ふ、症状:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、ただれ
(2)2週間位使用しても症状がよくならない場合

効能

みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし

用法・用量

患部を清潔にして1日1-3回、適量を塗布してください。
「用法・用量に関連する注意」
(1)患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。
(2)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けてください。
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)外用にのみ使用してください。

成分・分量と働き

               
成 分分 量働き
シクロピロクスオラミン1.0%水虫・たむしの原因菌である白癬菌に対して抗菌作用をあらわします。
リドカイン0.5%水虫・たむしのかゆみを抑えます。

添加物として、オクチルドデカノール、流動パラフィン、ステアリルアルコール、セタノール、ラウリルアルコール、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ステアリン酸ソルビタン、ベンジルアルコール、pH調整剤を含有します。

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は、使用しないでください。
(5)クリームのついた手で、目や粘膜にふれないでください。

水虫の上手なお手当法

○水虫、いんきんたむし、ぜにたむしは白癬菌というカビの一種が皮膚に寄生することによって起こる症状です。足に感染すると一般に「水虫」、陰股部に感染すると「いんきんたむし」、体部に感染すると「ぜにたむし」と呼ばれ、一般的にかゆみをともないます。かゆみのためにかきこわして化膿菌の二次感染を起こし悪化することがありますので早めのお手当てが必要です。

●水虫の上手なお手当法
1.清潔 患部は常に清潔にしてください。入浴の際は刺激の少ない石鹸を使いましょう。
2.乾燥 患部のむれを予防し乾燥に心がけましょう。白癬菌は、じめじめした環境を好みます。スポーツなどで汗をかいたあとや入浴のあとには、タオルで患部を十分にふいて乾燥させることを心がけてください。くつしたは木綿のものをはきましょう。
3.根気 かゆみなどの症状がとれても白癬菌が死滅していないことが多く、途中で治療を中止してしまうと再発の原因になります。かゆみなどがとれたあとも、しばらくの間根気よく治療を続けてください。

*俗に「いんきん」「いんきんたむし」と呼ばれるものの中には、白癬菌とは関係のないまぎらわしいものもあります。
陰のうにかゆみ、ただれなどの症状がある場合は、白癬菌によるのではなく湿疹など他の原因による場合が多いと考えられます。白癬菌は小児の場合を除いて陰のうをおかすことはほとんどありません。

お問い合わせ先

本製品についてのお問い合わせは、お買い求めのお店又は下記にお願い申し上げます。
佐藤製薬株式会社 お客様相談窓口
電話03(5412)7393
受付時間:9:00-18:00(土・日・祝日を除く)

製造販売元
佐藤製薬株式会社
東京都港区元赤坂1丁目5番27号

提携 サノフィ・アベンティス


文責:Rakuten Direct株式会社 薬剤師 倉重 達一郎


お問い合わせ

フリーダイヤルでもお気軽に

0120-22 55 66

携帯電話からは

050-5577-5041