JCプログラム リポコラーゲン核酸

当店では現在お取り扱いしておりません
内容量:48g(400mg*120カプセル)
一日量(目安):4カプセル
サイズ:125*45*45(mm)
JANコード: 4571109040762
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

JCプログラム リポコラーゲン核酸の関連成分

商品説明

「JCプログラム リポコラーゲン核酸」は、サケ白子抽出物DNA核酸に、国内産の鶏から抽出したヒアロコラーゲンと、アルファリポ酸を配合。更に、食用酵母エキスや、プロリン、リジンなどもプラスされています。美容が気になる方などにオススメです。120カプセル入り。

お召し上がり方

栄養補助食品として1日4カプセルを目安に、お湯又は水などでお召し上がりください。

使用上の注意

●本商品はα-リポ酸を含んでおりますので、開封後も必ず涼しい場所に保存してください。
原料に天然成分を使用しておりますので独特の匂いがします。

保存方法

直射日光、高温多湿を避け、冷暗所に保管してください。

アルファリポ酸(チオクト酸)とは

αリポ酸(アルファリポ酸)は別名チオクト酸ともよばれ、エネルギー生成を助ける栄養素です。日本では従来、医薬品として使われてきましたが、2004年からは健康食品への配合が許可されました。

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は、眼の硝子体成分として発見された高分子多糖であり、体内に広く存在しています。粘性が高く、保水性にすぐれ、1gに約6Lの水を保持することができます。年齢とともにヒアルロン酸の体内量が減少することから、関節サポートなどに期待されています。ニワトリの鶏冠から抽出したものや微生物にによって生成されたものがあります。

核酸とは

核酸は1869年、スイスの化学者ミーシャーにより発見され、20世紀前半には遺伝子DNAとRNAが含まれていることが明らかになりました。核酸を多く含む食品が注目され、利用されるようになったのは1970年代後半になったころです。鮭の白子や酵母などからつくられた核酸が健康食品として利用されています。

コラーゲンとは

コラーゲンとは、動物のからだの中の結合細胞に多く含まれる繊維状のタンパク質のひとつです。また、コラーゲンはアミノ酸で構成されていますが、一定の規則性のある構造を持っていることがその特徴となっています。コラーゲン量の40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在しており、その他血管や内臓など全身に広く分布しています。

システインとは

システインは、体内の髪や爪、肌を構成しているアミノ酸の一種で、メラニンの生成抑制や排泄の促進、たばこやお酒による肝臓や脳へのダメージを防ぐ効果があります。

賞味期限等の表記について

パッケージに記載。



JCプログラム リポコラーゲン核酸のレビュー
レビューを書く
レビューは投稿されていません。
 
原材料
サケ白子抽出物(DNA、プロタミン含有)
鶏冠抽出物(ヒアロコラーゲン)
α-リポ酸
食用酵母エキス(システインペプチド含有)
澱粉
ゼラチン
ビタミンC
ショ糖脂肪酸エステル
プロリン
リジン
カラメル色素

栄養成分表
(4カプセル1600mgあたり)
エネルギー7.0kcal
たんぱく質0.9g
脂質0.2g
炭水化物0.5g
ナトリウム2.6mg
サケ白子抽出物250mg(DNA67mg)
鶏冠抽出物(ヒアロコラーゲン)200mg(ヒアルロン酸10mg)
食用酵母エキス(システインペプチド含有)60mg
α-リポ酸150mg