仁丹体温計 婦人 フックタイプ

  • 商品番号:J210660H
当店では現在お取り扱いしておりません
内容量:1本
医療用具許可番号:27BZ1133
サイズ(外装):190*40(mm)
JANコード: 4987227301300
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

仁丹体温計 婦人 フックタイプの関連成分

商品説明

「仁丹体温計 婦人 フックタイプ」は、信頼できる昔ながらの水銀の婦人用体温計。毎日の基礎体温は受胎調節に役立ちます。ご使用前に、水銀が目盛りのついているところよりも下がっていることを確認してからお使いください。高級ケース付。

お取り扱い上の注意

  1. ガラス体温計は微妙な体温を測るために非常に精密に作られております。ガラスの性質上壊れ易く、特に落下等の衝撃や最高示度以上の温度により破損したり、水銀が自然に上下したりする等の機能異常が起こります。
    • 暖房器具の近くや日光の直射を受ける所に置かないでください。
    • 落したり衝撃を与えないように取り扱い、保管にご注意ください。
  2. 小児の手のとどかない所に保管してください。
  3. 破損した体温計の水銀は時計や宝飾品等の貴金属と反応し変色させますのでご注意ください。

基礎体温のはかり方

  1. 就寝前、体温計は水銀を35度以下に下げ、枕元に置いておやすみください。
  2. 朝、目がさめたらすぐ、35度以下であることをお確かめの上、なるべく身体を動かさないようにして5分間、口中(舌下)検温してください。(起きたり、飲食したりすると正確な基礎体温ははかれません。)
  3. 毎朝の検温時刻を決めておくことが大切です。(決めたいつもの検温時刻より早いと体温は低く、遅いと高くなります。)
  4. 検温したらすぐ、体温表に記入して前日の点と結んでおいてください。
  5. 検温ミスや、破損による事故の原因になりますので、体を動かさないようにして検温してください。

婦人体温計(基礎体温計)とは

婦人体温計とは、睡眠中又は安静時の体温を測定するのもので、朝覚醒後に体を起こす前に測った体温のことです。測るときは目盛りが細かい婦人用体温計を使用し、脇ではなく舌下根元に差し入れて測定するのが主です。



仁丹体温計 婦人 フックタイプのレビュー
評価 レビュー(1件)
レビューを書く
  • さん

    評価: 5点

    電子婦人体温計に比べると時間もかかり、何ヶ月も記録が残ることなく、本当に不便な体温計です。しかし、婦人体温計の目的は「正しい体温を測ること」です。それならば、電子婦人体温計よりも水銀製の体温計をオススメしたいです。私も便利さから電子体温計を使用していたのですが、そこで専門の婦人科の先生に言われた言葉が「時間は掛かっても昔ながらの水銀製の婦人体温計にて5分間しっかり測ることで、より正確な体温を知ることが出来ますよ」と言われ電子体温計から水銀製「仁丹体温計 婦人 フックタイプ」に変えました。確かに朝の5分は時間もかかるし、測り終わったら基礎体温表に記載する手間がありますが、慣れてしまえば、忙しい朝もスムーズに基礎体温を測ることが出来ますよ。何よりも測った正確な体温を朝自分で記入することで、その日の体調や排卵日、生理の予定日など把握できて、本当に良いと思います。現代人は、便利なモノを使いすぎて、より便利なもの!便利なもの!と行きがちですが、長年愛されているものは、それだけ利点が多いことを多くの人に知ってもらいたいと思い今回レビューしました。長く愛されているには訳があるんです!!!女性にとって基礎体温を知ることは本当に大切なことなので、水銀製の「仁丹体温計 婦人 フックタイプ」をぜひ多くの人にオススしたいです!