姫マツタケ エキス顆粒 5g×60袋

  • 商品番号:H212150H
当店では現在お取り扱いしておりません
内容量:300g(5g×60袋)
約30-60日分
1日量(目安):1-2袋
サイズ:160×190×60(mm)
JANコード: 4987171439326
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

姫マツタケ エキス顆粒 5g×60袋の関連成分

商品説明

「姫マツタケ エキス顆粒 5g×60袋」は、ブラジル東南部のサンパウロのピエダーテ郊外が原産地のアガリクス・ブラゼイ・ムリルを、日本で人工栽培したブラジル生まれの日本育ちのキノコ。岩出菌学研究所の岩出101株を使った、高品質な姫マツタケエキス顆粒食品です。顆粒状なので、とても飲みやすいです。携帯にも便利な分包タイプ。5g*60袋入りです。

アガリクスとは

アガリクスは1965年にブラジルで日本人が初めて栽培に成功したキノコで、学名は「アガリクス・ブラゼイ」、「アガリクス・ブラジリエンシス」などと呼ばれ、国内では姫マツタケ、カワリハラタケとも呼ばれています。アガリクスはもともとはブラジルのピエダーテ地方特産のキノコで、その成分が注目されるようになりました。アガリクスの成分はタンパク質が約40%と多く、その他にビタミンB2、マグネシウム、カリウム、リノール酸、リン脂質が含まれています。また、キノコ特有の成分β-グルカンの含有量が多いのも特徴です。主な産地としてはブラジル、日本、中国、栽培方法としては、自然露地栽培、ハウス栽培、タンク培養などがあります。

アガリクス菌糸体とは

アガリクス菌糸体とは、アガリクスの菌糸が集まったものです。キノコは、いわゆるキノコとして成長している子実体(しじつたい)とキノコの根のような菌糸体(きんしたい)に区別されます。子実体は胞子をつくる器官で、食用とされる部位です。一方、菌糸体は胞子から伸びて栄養分を吸収して子実体をつくり出していきます。キノコを主体とした健康食品には、菌糸体を用いたものが多いようです。

姫マツタケ(ヒメマツタケ)とは

姫マツタケとは、アガリクス(アガリクス ブラゼイ ムリル)の別名です。その他、メマツタケ、カワリハラタケなどとも呼ばれています。アガリクスは1965年にブラジルで日本人が初めて栽培に成功したキノコで、学名は「アガリクス・ブラゼイ」、「アガリクス・ブラジリエンシス」などと呼ばれ、国内では姫マツタケ、カワリハラタケとも呼ばれています。アガリクスはもともとはブラジルのピエダーテ地方特産のキノコで、その成分が注目されるようになりました。アガリクスの成分はタンパク質が約40%と多く、その他にビタミンB2、マグネシウム、カリウム、リノール酸、リン脂質が含まれています。また、キノコ特有の成分β-グルカンの含有量が多いのも特徴です。主な産地としてはブラジル、日本、中国、栽培方法としては、自然露地栽培、ハウス栽培、タンク培養などがあります。

賞味期限等の表記について

パッケージに記載。



姫マツタケ エキス顆粒 5g×60袋のレビュー
レビューを書く
レビューは投稿されていません。
 
原材料
姫マツタケ(岩出101株)菌糸体培養エキス
グァーガム酵素分解物

栄養成分表
1袋(5g)あたり
エネルギー18kcal
たんぱく質0.6-0.8g
脂質0g
炭水化物3.8g
ナトリウム16-34mg