ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 800g

  • 当社販売価格:¥2,999(税込 ¥3,238)
  • 商品番号:E525101H
  • 通常2〜4日以内出荷予定
  • 在庫数:20個以上
商品を購入する
現在、この商品の
定期購入はありません

売上げランキング

ソイプロテイン(大豆プロテイン)内:
12位
プロテイン内:
53位
内容量:800g
JANコード: 4902888727382
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 800gの関連成分

商品説明

「ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 800g」は、カルシウムとビタミンDの栄養機能食品です。
●健康なカラダを維持したい方に。日々の飲用のために、味にこだわった大豆プロテイン。
●植物由来の大豆タンパクを100%使用。
●骨の形成に必要なカルシウム、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助けるビタミンD配合。
●水でもおいしく、牛乳に溶かせばまるでコーヒー牛乳と話題。
●朝食時、かるい運動後の栄養補給にオススメ。
●ご要望にお応えし、ついに大容量「800g」登場。
栄養機能食品。

栄養機能

●保健機能食品表示
・カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
・ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

●基準値に占める割合
・1日当たりの栄養素等表示基準値2015(18歳以上、基準熱量2.200kcal)に占める割合(1食分/20g)
カルシウム 30%、ビタミンD 36%

原材料に含まれるアレルギー物質

乳・大豆

お召し上がり方

●1日あたりの摂取量目安
1日1食を目安にお飲みください。

使用方法

150mlの水、牛乳などに付属スプーン3杯(約20g)を溶かし、すみやかにお飲みください。

ご注意

●本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
●1日1食を目安にお飲みください。
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
●本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日の摂取目安量を守ってください。
●小麦を含む製品と共通の設備で製造しています。
●製品中の黒い粒はインスタントコーヒーです。
●原料の大豆たんぱくは、遺伝子組換え作物が混入しないように管理されたものを使用しています。
●別売りのウイダープロテインシェイカーでシェイクすると、さらに溶けやすくなります。
●開封後はチャックをしっかり閉めて、お早めにお召し上がりください。また、ぬれたスプーンを袋に入れないでください。
●この製品は袋を熱接着で密封包装しています。

保存方法

高温・多湿を避けて保存してください

原材料名・栄養成分等

●品名・名称:たんぱく食品(プロテインパウダー)
●原材料名:大豆たんぱく、砂糖、インスタントコーヒー、カラメルパウダー、食用油脂/炭酸Ca、香料、乳化剤、貝Ca、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.D、V.B12、(一部に乳成分・大豆を含む)
●栄養成分表示(1食分:20gあたり)
エネルギー・・・72kcal
タンパク質・・・10.0g
脂質・・・0.2-0.7g
炭水化物・・・7.0g
食塩相当量・・・0.22-0.51g
カルシウム・・・210mg
ナイアシン・・・7.0mg
パントテン酸・・・2.4mg
ビタミンB1・・・0.46mg
ビタミンB2・・・0.54mg
ビタミンB6・・・0.46mg
ビタミンB12・・・0.8-3.6μg
ビタミンD・・・2.0μg
葉酸・・・80μg

原産国

日本

お問い合わせ先

森永製菓(株)お客様相談室 0120-560-168

ソイプロテイン(大豆プロテイン)とは

食生活では偏りがちな必須アミノ酸のバランスを改善しようとする高たんぱく食品で、大豆が原料のプロテインです。イソフラボンも含有されています。

栄養機能食品(ビタミンD)とは

栄養機能食品は「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品であり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されており、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能が表示できます。「ビタミンD」の場合は下記の通りです。
栄養機能表示:腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。
栄養機能食品として表示できる一日あたりの含有量の範囲:1.50-5.0μg(60-200IU)
栄養素等表示基準値(食品の表示に用いる栄養成分の基準値):5.0μg

栄養機能食品(カルシウム)とは

栄養機能食品は「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品であり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されており、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能が表示できます。「カルシウム」の場合は下記の通りです。
栄養機能表示:骨や歯の形成に必要な栄養素です。
栄養機能食品として表示できる一日あたりの含有量の範囲:210-600mg。
栄養素等表示基準値(食品の表示に用いる栄養成分の基準値):700mg

プロテイン全部とは

たんぱく質は英語で「プロテイン」といいます。これはギリシア語で「第一」という意味の言葉から生まれたものです。たんぱく質(プロテイン)は、糖質、脂質とともに三大栄養素のひとつです。たんぱく質は生物体の主要構成成分でもあり、約20種のアミノ酸で構成されています。

賞味期限等の表記について

「西暦年/月」の順番でパッケージに記載。



ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 800gのレビュー
レビューを書く
レビューは投稿されていません。