田七・ガジュツ複合粒

  • 商品番号:D400110H
当店では現在お取り扱いしておりません
内容量:67.5g(250mg*270粒)
約1ヶ月分
1日量:9粒
サイズ:53*51*100(mm)
JANコード: 4963856222056
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

田七・ガジュツ複合粒の関連成分

商品説明

「田七・ガジュツ複合粒」は、ウコギ科の多年草の植物でその栽培は安易ではなく3年ないし7年後にやっとその収穫ができるため、別名「金不換」と呼ばれ、ひと昔前まで、庶民の手に届かない貴重な植物である、田七人参の粉末を主成分に、ショウガ科のガジュツ末を始めエビスグサ主旨のエキス末、ナツメエキス末などを加え、粒状にした新しいタイプの健康食品です。

三七人参(サンシチニンジン)とは

三七人参は中国南西部(雲南、四川、広西省)を原産地とするウコギ科の多年草で田七人参とも呼ばれます。三七の名称は根が必要な大きさに育つのに3-7年かかることからとも、茎から伸びた3本の枝の先にそれぞれ7枚の葉がつくからともいわれています。

田七人参(三七人参)とは

田七人参は中国南西部(雲南、四川、広西省)を原産地とするウコギ科の多年草で三七人参とも呼ばれます。三七の名称は根が必要な大きさに育つのに3-7年かかることからとも、茎から伸びた3本の枝の先にそれぞれ7枚の葉がつくからともいわれています。

ガジュツとは

カジュツ(学名:クルクマ・ゼドアリア)とはショウガ科クルクマ(ウコン)属の多年草で、根の部分が利用されます。ガジュツは初夏(5-6月頃)に花をつけるため「夏ウコン」、また、包葉の色や根茎の切り口が紫色であることから「紫ウコン」とも呼ばれています。同じウコンの仲間に春ウコンと秋ウコンがありますが、それぞれ成分の比率には違いがあります。ウコン類に含まれる主な成分は、香り成分の「精油」と、黄色い色素成分「クルクミン」ですが、ガジュツは、シネオール・カンファー・アズレンなどの精油が多いことが特徴で、クルクミンはほとんど含まれていません。

ジンセンとは

ジンセンは、「人参」とも呼ばれ、アジアや北アメリカが原産のハーブです。非常に古い歴史を持ち、健康のために用いられてきました。産地によって、朝鮮人参、シベリアンジンセン、アメリカンジンセンなどいくつかの種類があり、成分の種類も異なります。

紫ウコン(ガジュツ)とは

ガジュツはヒマラヤ原産のショウガ科ウコン属の多年草です。別名紫ウコンとも言いますが、ウコンとは別種で、ウコンに比べ寒さに弱いので、沖縄などの暖かい地方で栽培されています。根茎が生薬として使用されます。

賞味期限等の表記について

パッケージに記載。



田七・ガジュツ複合粒のレビュー
レビューを書く
レビューは投稿されていません。
 
原 材 料
田七人参末
ガジュツ末
エビスグサ種子エキス末
トレハロース
ナツメエキス末
乳糖
ショ糖脂肪酸エステル
微粒二酸化ケイ素