沖縄 すぐりむん茶

沖縄 すぐりむん茶
商品を拡大する その他の画像

  • 商品番号:A516110H
当店では現在お取り扱いしておりません
内容量:3g*15包
サイズ:175*115*45(mm)
JANコード: 4582153690032
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

沖縄 すぐりむん茶の関連成分

商品説明

「沖縄 すぐりむん茶」は、厳選された沖縄の天然野草を中心に、38種類の野草を独自のブレンドにより複合したアガリクス茶です。ビタミン・ミネラル類など多くの成分が含まれており、天然アミノ酸はもろみ酢の約10倍。毎日の健康維持に、太り気味が気になる方におすすめです。ホットはもちろん冷やしてもおいしくいただけます。防腐剤や着色料等無添加。15包入り。

おいしい召し上がり方

ヤカンにティーバッグ1袋を入れ、水1リットル-1.5リットルと一緒に煮出して下さい。さらに沸騰後、野草のエキスを十分煎じる為に、弱火にて2?3分煮出して出来上がりです。

アガリクス原材料について

アガリクス産地:中国
使用部位:子実体
毒性検査書の有無:無し
安全性試験報告書の有無:無し

アガリクスとは

アガリクスは1965年にブラジルで日本人が初めて栽培に成功したキノコで、学名は「アガリクス・ブラゼイ」、「アガリクス・ブラジリエンシス」などと呼ばれ、国内では姫マツタケ、カワリハラタケとも呼ばれています。アガリクスはもともとはブラジルのピエダーテ地方特産のキノコで、その成分が注目されるようになりました。アガリクスの成分はタンパク質が約40%と多く、その他にビタミンB2、マグネシウム、カリウム、リノール酸、リン脂質が含まれています。また、キノコ特有の成分β-グルカンの含有量が多いのも特徴です。主な産地としてはブラジル、日本、中国、栽培方法としては、自然露地栽培、ハウス栽培、タンク培養などがあります。

ウコン(うこん)とは

ウコンとは、アジアの熱帯地域を原産地とするショウガ科クルクマ属(ウコン属)の植物です。ウコンという名称がつくものには、春ウコン (Curcuma aromatica) 、秋ウコン (Curcuma longa) 、紫ウコン (Curcuma zedoaria) 、ジャワウコン (Curcuma xanthorrhiza)、黒ウコン(Kaempferia parviflora) があります。そのうち、黒ウコンだけはクルクマ属(ウコン属)ではなくケンペリア属に分類されており、別名を黒ショウガ、原産国のタイではクラチャイダムといいます。他にも別名を持つ種類もあり、春ウコンはキョウオウ、紫ウコンはガジュツ、ジャワウコンはクスリウコンとも呼ばれています。ウコンもその種類によって含まれる成分が違います。

霊芝(レイシ)とは

霊芝はサルノコシカケ科に属する担子菌類の一品種です。梅などの古木10万本に2-3本しか採取できないという希少品種で、めったに人目にふれることがありませんでした。和名はマンネンタケといいます。

賞味期限等の表記について

パッケージに記載。



沖縄 すぐりむん茶のレビュー
レビューを書く
レビューは投稿されていません。
 
原材料
アガリクス(子実体)
霊芝(子実体)
サルノコシカケ(子実体)
ウコン
カンバラ
クミスクチン
キダチアロエ
グァバ
ギムネマ
シルベスター
黄精
ベニバナ
明日葉
イチョウ
ドクダミ
延命草
接骨草
ラフマ茶
蒲公英根
アマチャヅル
甘草
コリアンダー
クチナシ
長命草
クコの実
ハトムギ
凍頂
決明子
ウラジロガシ
ボルド・ド・チレー
玄米
クワの葉
キキョウ
びわの葉
熊笹
サンザシ実
柿の葉
ローズヒップ

栄養成分
(100gあたり)
アルギニン450mg
リジン290mg
ヒスチジン440mg
フェニルアラニン730mg
チロシン370mg
ロイシン830mg
イソロイシン190mg
メチオニン250mg
バリン310mg
アラニン680mg
グリシン480mg
プロリン620mg
グルタミン酸1850mg
セリン500mg
スレオニン360mg
アスパラギン酸1040mg
トリプトファン180mg
シスチン140mg