甜茶エキス+しその実油+乳酸菌 90粒

  • 商品番号:A263800H
当店では現在お取り扱いしておりません
内容量:30.6g(340mg*90粒)(1粒中内容物200mg)
30日分
1日量(目安):3粒
サイズ:53*53*95(mm)
JANコード: 4961416290903
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

甜茶エキス+しその実油+乳酸菌 90粒の関連成分

商品説明

「甜茶エキス+しその実油+乳酸菌 90粒」は、中国広西壮族自治区に自生する、バラ科キイチゴ族の「甜茶懸鈎子(テンチャケンコウシ)」と呼ばれる植物の葉を原料に使用。更にシソの実と、乳酸菌も配合しました。
シソの実油には、n-3系の代表的な脂肪酸であるα-リノレン酸が50%以上含まれています。乳酸菌はフェカリス菌(EC-12)で、3粒中約3,000億個の菌数を保有しています。

ご注意

●疾病のある方、治療を受けている方は、医師にご相談の上お召し上がりください。
●本品は健康補助食品ですが、万一体質に合わない場合は飲用をおやめください。
●乳幼児の手の届かない所に保管してください。

お召し上がり方

1日3粒を目安に水または温湯とともにお召し上がりください。

保存方法

高温多湿及び直射日光を避けて保管してください。

甜茶(てんちゃ)とは

「甜茶」とは文字どおり「甘いお茶」という意味です。中国では甜茶は3種類あると紹介されていますが、最近わが国で優れた特性が注目されている甜茶はバラ科キイチゴ属の「甜葉懸鈎子」です。ポリフェノールやルブサイドを含んでいます。

乳酸菌とは

乳酸菌は糖類を分解して乳酸をつくる菌の総称で、他種類あります。腸内にすむ善玉菌も乳酸菌の仲間で、その代表がビフィズス菌です。

シソ(紫蘇)とは

シソは東インド・中国・ビルマ・ヒマラヤ地方が原産のシソ科の一年草で、アジアの温帯地方で食用・薬用として広く栽培されています。旬は6月-9月。日本では馴染みが深く、緑色の青じそ(大葉)と、紫色の赤じその2種類があり、成長段階に合わせて、芽や花も利用でき、発芽間もないものを芽じそ、3分の1ほど花をつけたものを花穂、一部に実が入ったものを穂じそと呼び、薬味として、また漬物や加工品の着色、香味付けに活用されています。芳香の成分は特有の香りと辛味があるぺリアルデヒドに由来します。葉にはカフェ-タンニン系のロズマリン酸(rosmaric acid)を多く含んでおり、その他、葉と種にアピゲニン(apigenin)、ルテオリン(luteolin)、シソニン(shisonin)などの多種類のフラボンが含まれています。

えごま油・しそ油とは

しそ油(えごま油)は、シソ科のシソ、または同じ仲間のエゴマの実から搾られる油で、必須脂肪酸(体内で合成することができず、食品からの摂取が必要な脂肪酸)であるαリノレン酸を豊富に含みます。しそ油(えごま油)は「動物性脂肪」「リノール酸主体の植物性油」に次ぐ、“第3の油”として注目されています。しそ油(えごま油)は、熱に弱く、酸化されやすい性質をもつ油ですので、ドレッシングや料理の仕上げなどにむいています。

賞味期限等の表記について

パッケージに記載。



甜茶エキス+しその実油+乳酸菌 90粒のレビュー
レビューを書く
レビューは投稿されていません。
 
原材料
しその実油
ゼラチン(豚由来)
グリセリン
甜茶エキス
乳酸菌
グリセリン脂肪酸エステル
ミツロウ

栄養成分表
(3粒(1.02g)あたり)
エネルギー6.40kcal
たんぱく質0.37g
脂質0.48g
炭水化物0.12g
ナトリウム1.43mg
甜茶エキス末90mg
しその実油378mg(α-リノレン酸189mg)
乳酸菌約3000億個