粉寒天 梅昆布茶 70g

  • 商品番号:A226350H
当店では現在お取り扱いしておりません
内容量:70g
サイズ:195*95*30(mm)
JANコード: 4534969010184
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

粉寒天 梅昆布茶 70gの関連成分

商品説明

「粉寒天 梅昆布茶 70g」は、粉末寒天を主原料とし、厳選した凍結乾燥梅干(紀州産)と昆布(北海道産)を加え、梅と昆布の風味を活かしたまろやかな味と香りに精製しました。低カロリーで食物繊維も豊富なので、ダイエットのサポートにもぴったり。熱湯を注ぐと、美味しい「粉寒天+梅+昆布茶」がお楽しみいただけます。また、お茶漬けやおにぎり、お吸い物の代わりなど、色々なお料理にもご利用いただけます。

お召し上がり方

添付のスプーン小さじ一杯をお茶わんに入れ、熱湯を注ぎますと美味しい「粉寒天+梅+昆布茶」が出来上がります。
また、お飲物としてだけでなく、お茶漬けやおにぎり、お吸い物の代わりなど、いろいろなお料理にもぜひご利用下さい。

ご注意:粉末のまま、お飲みにならないで下さい。

保存方法

湿気の少ない冷暗所にて保存して下さい。

寒天(かんてん)とは

寒天(かんてん)は、天草などの藻を原料として作られるトコロテンを乾燥させた物です。トコロテンは奈良時代から親しまれており、江戸時代に余ったトコロテンを寒い戸外に置いていたところ、凍って乾物になったのが寒天の始まりといわれています。食物繊維を多く含み、ダイエット食品としても利用されています。

粉寒天(粉末寒天)とは

粉寒天(粉末寒天)とは、寒天を粉末状に加工したものです。寒天は、テングサやオゴノリなどの紅藻類の粘液質を凍結・乾燥してつくられます。寒天に含まれる成分のほとんどは食物繊維(アガロースやアガロペクチンなどの多糖類)からできており、ヒトの消化酵素のみでは分解されないため、カロリーがありません。また、寒天は水分を多く含むことができ、冷やすと凝固させますが、加熱すると溶解する性質があります。

食物繊維(ファイバー)とは

従来の日本人の食生活では食物繊維の不足は考えられませんでした。ところが、食生活が欧米化し、動物性脂肪の摂取が増え、最近では食物繊維の重要性が認識されています。

賞味期限等の表記について

パッケージに記載。



粉寒天 梅昆布茶 70gのレビュー
レビューを書く
レビューは投稿されていません。
 
原材料
寒天
食物繊維(難消化デキストリン)
食塩
梅肉
昆布
グラニュー糖
調味料(アミノ酸等)
酸味料
香料