イララック 20カプセル

  • メーカー希望小売価格:¥1,500
  • 当社販売価格:¥1,111(税込 ¥1,199)
  • 商品番号:A213630H
  • 通常4〜7日以内出荷予定
  • 在庫数:6
  • この商品を一度にお買い上げいただくことができる個数は 3 個です。
商品を購入する 定期購入する
定期価格:\1,049(税抜)

売上げランキング

催眠鎮静剤 カプセル内:
1位
催眠鎮静剤内:
6位
内容量:20カプセル
約5日分
1日量(目安):1回2カプセル、1日2回
JANコード: 4987072018217
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

イララック 20カプセルの関連成分

販売店舗について

九州・沖縄・中国・四国・関西(三重県除く)へのお届け:ケンコーコム(福岡県飯塚市)
上記以外へのお届け:ケンコーコム(栃木県宇都宮市)
情報提供・相談応需:販売店舗の薬剤師又は登録販売者

商品説明

「イララック 20カプセル」は、植物由来の生薬成分が高ぶった神経を落ち着かせ、気持ちをおだやかにする内服薬です。パッシフローラ乾燥エキス、チョウトウコウ乾燥エキス、カノコソウエキス、ホップ乾燥エキスなど、植物由来の生薬エキスが、イライラ感や興奮感を鎮めます。味や匂いを気にせず服用できるカプセル剤です。いらいら感、興奮感、緊張感の鎮静、それらの症状に伴う疲労倦怠感・頭重を緩和します。仕事や家事、育児などでイライラしがちなときにお試しください。医薬品。20カプセル入り。医薬品。

製品特徴

●イララックは、高ぶった神経を落ち着かせ、気持ちをおだやかにする医薬品です。
●植物由来の生薬エキスがイライラ感や神経の高ぶり(興奮感)を鎮めます。
●味が気にならない、服用しやすいカプセル剤です。

こんな時に

仕事がはかどらずイライラ・・・
人間関係にイライラ・・・
気持ちが高ぶりすぐカッとなる

使用上の注意

●してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないこと
1.他の鎮静剤
2.長期連用しないこと

●相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)本人または家族がアレルギー体質の人
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師または薬剤師に相談すること
(1)服用後、次の症状があらわれた場合

関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ
消化器 悪心・嘔吐、食欲不振

(2)5-6日間服用しても症状がよくならない場合

ご注意

●服用に際して、この添付文書を必ずお読みください。また、必要なときに読めるよう大切に保管してください。
●使用期限(外箱裏面に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。

効能・効果

いらいら感・興奮感・緊張感の鎮静
上記症状に伴う疲労倦怠感・頭重の緩和

用法・用量

年齢1回服用量1日服用回数
成人(15才以上)2カプセル2回
15才未満服用しないでください

カプセルの取り出し方

カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箱を破り、取り出して服用してください(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります)

成分・分量

1日量(4カプセル)中

成分分量はたらき
パッシフローラ乾燥エキス100mg(パッシフローラ700mgに相当)チャボトケイソウ(トケイソウ科)の全草から製したエキスで鎮静作用があります。
チョウトウコウ乾燥エキス45mg(チョウトウコウ450mgに相当)カギカズラ(アカネ科)の茎枝から製したエキスで鎮静作用があります。
カノコソウエキス240mg(カノコソウ1200mgに相当)カノコソウ(オミナエシ科)から製したエキスで鎮静作用があります。
ホップ乾燥エキス60mg(ホップ852mgに相当)ホップ(クワ科)の果穂から製したエキスで鎮静作用があります。

添加物としてヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースCa、乳酸Ca、無水ケイ酸、バレイショデンプン、ゼラチン、ラウリル硫酸Na、黄色4号(タートラジン)、青色1号を含む

保管および取扱い上の注意

直射日光のあたらない、湿気の少ない涼しいところに保管すること
小児の手の届かないところに保管すること
他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)

お問い合わせ先

小林製薬株式会社
お客様相談室 電話06-6203-3625
受付時間 9:00-17:00 (土・日・祝日を除く)

発売元
小林製薬株式会社
541-0045 大阪市中央区道修町4-3-6
お客様相談室 電話06-6203-3625
受付時間 9:00-17:00 (土・日・祝日を除く)

製造販売元
田村薬品工業株式会社
639-2295 奈良県御所市西寺田50


文責:Rakuten Direct株式会社 薬剤師 春名 千寿子
よくある質問
他の医薬品との併用について()
mirumiru様 -- 東京都
現在、アレルギー薬の「アレグラ」を皮膚科の処方で服用しております。イララックとの飲み合わせは大丈夫でしょうか。

小ヶ倉 -- ケンコーコム薬剤師
イララックの小林製薬さんに尋ねてみました。他の医薬品との併用は避けて下さい、というご返答でした。
アレグラのアベンティスファーマジャパンさんのご返答は、イララック中のハーブとの相互作用の報告は今のところありません、ということでした。

アレグラは、血液脳関門を通らないお薬で中枢への作用は少なく眠くならないというのが特徴です。その点においてはいらいらを改善するイララックとの相互作用はおそらく少ないものと予想されます。吸収過程や代謝過程でどうなるかということがあとは問題になりますがわかっていません。

治療の妨げになるといけませんので、イララックの服用については必ず皮膚科の担当医の先生に相談されてから服用されることをお勧めいたします。




クリスマス特集
お問い合わせ

フリーダイヤルでもお気軽に

0120-22 55 66

携帯電話からは

050-5577-5041