ホーム > 商品PRページ一覧 > ムソー マクロビオティック特集 商品PRページ
"Organic & Macrobiotic"からだにいい暮らし、はじめませんか? わたしたちは毎日、たくさんの食べものに取り囲まれて生活しています。ほしいものがあれば、たくさんの食べものの中から、いつでも自由に食べることができます。食べものはわたしたちの身体をつくり、こころも満足させます。それなら、できるだけ身体によくて、こころを満足させる食べものを選びたいものです。

マクロビオティックとは

最近は玄米がもてはやされ、「マクロビオティック」という言葉も、時折見受けられるようになりました。ハリウッドスターやスーパーモデルたちがこぞってマクロビオティックと呼ばれる食生活を実践している、ともよくいわれます。
というと、外国で生まれた考え方のようですが、そうではありません。実は、マクロビオティックは、日本人が提唱し根づかせた食生活の知恵、あるいはライフスタイルです。ですから、食事をマクロビオティックにしようと思えばいたって簡単、日本人の伝統的な食生活に立ち戻ればいいのです。

もともと「マクロ」はギリシャ語で「大きい」とか「長い」といった意味があり、「ビオ(バイオ)」は「生命」、「ティック」は「術」「学」を表します。西洋医学の父といわれるヒポクラテス以降、「自然に則した簡素な食事による、健康で長生きする法」として用いられてきました。
それを現代に復活させたのが桜沢如一(1893〜1966)という人物です。桜沢は、ヨーロッパを中心とした世界各国を訪れて、マクロビオティックによる健康法や平和運動の普及に努めました。国内では「正食」として伝えられ、今また外国から逆輸入されるかたちで広まっています。

マクロビオティックの大前提「ごはん」をしっかり食べよう

玄米をはじめとした穀物を主食に、旬の野菜や海藻の入った味噌汁、それに漬物を添えていただく。それだけで立派なマクロビオティックの食事になります。
はじめは玄米ではなくても、白米に雑穀をまぜたり、胚芽米や分づき米でもかまいません。アミノ酸のバランスに富むごはんは、同じ糖質のパンやめん類の粉食とは違って粒食なので、よく噛むことができ、胃腸への負担を和らげるとともに食べすぎが防げます。

ムソー 特別栽培米はこちら

ページ上部に戻る▲

マクロビオティックを理解するためには、いくつかのキーワードがあります。

身土不二(しんどふじ)

身土不二とは、からだ(身)と土(土地)は不二(分かちがたく結びついているもの)である、という意味です。「地産地消」という言葉もありますが、できるだけ住んでいる土地でとれたものを食べることで、その土地の気候風土に適した身体になり、健康を保つことができます。

一物全体(いちぶつぜんたい)

命ある食べ物は、全体として統一され、調和のとれた、ひとまとまりの存在としてとらえています。料理は皮を捨てず、あく抜きせず、ゆでこぼしもせずに食べ物の生命すべてをいただくようにしましょう。
野菜にしろ米にしろ、丸ごとを食べようと思えば、やはり無農薬・無化学肥料で栽培した安全なものを選ぶのが基本です。「もったいない」と感じることで、食べものを大切にしようと思う心が、自然環境を守り、ひいては健康づくりにもつながるのです。

主食は穀物

人間は肉食動物ではありません。肉の好きな人たちも、たいていは「ごはんや野菜をしっかり食べなきゃ」と思っています。では、食べものは何をどれだけ食べるのが理想なのでしょうか。答えは、わたしたちの口のなかにあります。ヒトの歯は全部で32本。多い順に、臼歯(20本)、門歯(8本)、犬歯(4本)に分けられます。臼歯は、かたい穀物をすりつぶすための歯、門歯は野菜や果物を切るための歯、犬歯は肉や魚を食いちぎるための歯です。ということは、人間は穀物を主食として、野菜を中心にした副食という食生活が理想、といえます。

よく噛む

いくら身体によいものでも、肥満になりやすい食べすぎは控えたいものです。食事を始めて、満腹感を覚えるまでには20分前後かかるといわれますが、一口30回以上を目安によく噛むことで、食べすぎが抑えられます。

感謝の心

食べものはすべていのちです。いのちが生まれ、育ち、収穫されて食卓にのぼるまでの長い営みと労力を考えれば、食べものは粗末にできません。食べもののいのちによってわたしたちのいのちが生かされていることを思い、よく噛みしめましょう。

オーガニック&マクロビオティックライフのご提案 おすすめ商品をチェック

ページ上部に戻る▲

Q&A形式で、身近な話題から健康的な食生活に迫ってみましょう。

ごはんや野菜がいいとは思うのですが、食事には どうしても肉や魚が欠かせません。
肉を食べるなと言われても…。

肉を食べるなということではありません。ヒトの歯の並びからいえば、量はそれほど多くありませんが、肉や魚を食べてもかまいません。ただし、最近では安全性が疑われるものが多数出回っているので、なるべく安全なものを選ぶようにしましょう。ただ、世界では8億人が飢え、飢えや栄養不良で10秒に3人の幼い命が失われているといいます。1キロの食肉を生産するのに、ブロイラーで2キロ、豚で4キロ、牛で8キロもの穀物が必要とされますが、家畜に回している穀物を人間に回すようにしなければ、増え続ける飢餓人口にブレーキをかけることはできません。さらに牛の放牧地をつくるための森林伐採など、肉食の拡大はいろいろな問題を引き起こします。

朝食はパンと牛乳ですませており、パスタも好物です。和食より洋食が好きなのですが、健康によくないことがありますか?

食生活がだんだんと洋風になってきて、パンと牛乳の朝食がすっかり定着しました。しかし、表示を見ればわかるとおり、食卓でおなじみの食パンには砂糖や油、添加物などが含まれています。そのうえバターやマーガリン、ジャムなどを塗り、生野菜にドレッシングやマヨネーズをかけたりしていれば、糖分や脂肪分の過剰摂取になります。ごはんには水分がたっぷりありますが、パンやパスタの水分量は少なく、どうしても牛乳や清涼飲料水などがほしくなりますところが、白いふわふわのパンに加え、水分でカロリーをとってしまうと、ますます噛む機会が減ってきます。 朝食はごはんと味噌汁、パンやパスタはたまの楽しみにして、できれば全粒粉を使った天然酵母パンをおすすめします。

オーガニックな穀物や野菜を使った食事が身体に いいということはわかりました。そのほかに気を つければいいと思われることはありますか?

できるだけ伝統的な方法でつくられた調味料を選ぶことです。とくに毎日使う味噌やしょう油、塩、油などにはこだわりましょう。一般の調味料では、大量に速くつくって商品価値を長く保ち、しかも安価なものにするために、原料の質を落としてそのぶんさまざまな添加物を使うことで見栄えや風味を整えています。それから、台所洗剤の種類などにも気を使って、なるべく環境を汚さないようにしたいものです。その点、地元でとれた作物なら、輸送に伴うエネルギーの浪費も少なくてすみますし、丸ごとを料理すればゴミ減量、玄米ならといだ水も汚れず、穀物と野菜が中心の食事なら少しの洗剤で手早く後片づけができます。少食にして食べ残しをなくせば、食材や調味料にこだわっても、結局は経済的です。

オーガニック&マクロビオティックライフのご提案 おすすめ商品をチェック

ページ上部に戻る▲

もっと気軽に、幅広く。オーガニックとマクロビオティックをもっと食卓へ。

5つの基本姿勢 ムソーブランド商品の開発・製造において以下の5つの基本姿勢を遵守します。

1. 安全性の確保を最優先

顔の見える生産地からの原材料確保、すなわち誰がどこでどのようにして作ったかのトレーサビリティー確保による安全性の追求に努めます。

2. 素材を活かしたおいしさを追求

原材料の持つ栄養・風味をできる限り保持した健全でおいしい商品開発に努めます。そのために新鮮で上質な原材料を確保し、化学調味料をはじめとする食品添加物を必要としない商品を開発します。

3. 発酵食品・伝統製法の推奨

味わいや風味を豊かにし機能性成分強化につながる発酵食品を推奨します。日本古来の製造技術と思いを継承し、食べ物本来の深みある味をひきたたせる伝統製法を推奨します。

4. 真の健康を確立する生活提案

ムソーの原点であるマクロビオティック生活を提案すると同時に、最新の科学的・医学的知見に基づいた生活提案にも取り組みます。自律神経のバランスを整えて免疫力を上げるには、適度な運動・質の良い睡眠・栄養バランスのとれた食生活が大切です。

5. オリジナリティを重視

ムソーブランド商品は、私たちムソーの理想を社会に向けて表現できる最高のツールです。この基本姿勢で示した「安全性」「おいしさ」「発酵食品・伝統食品」「真の健康」をキーワードに、ムソーならではの独自性・物語性の高い商品開発と安定供給に努めます。

ムソー7つの約束 以上の基本姿勢を遵守するために、以下の7つの約束を遵守します。

1. 有機農産物優先

生態系に有害である農薬、化学肥料の使用を控え、3年以上化学合成農薬、化学肥料、化学土地改良材を使用していない土地で作られた農作物を優先して使用します。

2. 国内産農産物優先

日本の食料自給率アップ、日本の大地の秩序回復、日本の伝統食復権のため、国内産農作物原料を優先して使用します。その中でも、産地特定・トレースできて安全の担保ができる国内産農産物を最優先して使用します。

3. 食品添加物使用禁止

基本的に指定添加物および既存添加物(天然添加物)の使用は認めません。ただし品質都合上、食品添加物を使用する場合、添加の必要性、安全性を確認検討し、最小限の使用を容認します。

4. 化学調味料(うまみ調味料)使用禁止

化学調味料(うまみ調味料)は使用しません。

5. 遺伝子組み換え原料使用禁止

安全性についての疑問、他品種との交雑による環境汚染問題、作物の種を一部企業が独占する危惧を考慮し、「遺伝子組み換えされた農産物」および「遺伝子組み換え不分別の農産物」は使用しません。

6. 放射性物質を確認

自主基準に沿って、放射性核種(セシウム-134・セシウム-137)を確認します。
※放射性物質測定基準は随時見直しを行い環境状況に対応してまいります。
※詳しくは、ムソーホームページ(www.muso.co.jp)より「放射能物質検査の取り組みについて」をご参照ください。

7. 環境負荷の少ない容器包材の使用

製造から消費、廃棄に至るまで人体にとって安全であり、環境への負荷の少ない容器包材を選択します。

ページ上部に戻る▲

*このページはケンコーコムの広告掲載に基づく企画広告ページです。

ページの先頭へ戻る

このサイトは、Rakuten Direct株式会社が運営する健康メガショップ『ケンコーコム』の本店です。

Rakuten Direct運営サイト  ヨヤクスリ

更新日:2017/10/21 17:45:08  著作 Rakuten Direct株式会社  ©Rakuten Direct, Inc.