2006/09/29

α-リノレン酸の摂取について

■質問:
えごま油、シソ油がアレルギー体質の改善に有効と聞きました。DHAやEPAも一緒に摂ったほうが良いと聞いたことがありますが、効果はあるでしょうか。また、そのようなサプリメントでも効果はあるのでしょうか。

■回答:
えごま油、シソ油などに含まれるα-リノレン酸は、からだの中で、同じn-3系(オメガ3系)多価不飽和脂肪酸のEPA、DHAに作り変えられます。α-リノレン酸も含め、これらのn-3系の脂肪酸は炎症の原因となるプロスタグランジンという物質や、アレルギーを引き起こすロイコトリエンという物質の生成を抑える働きがあります。
お薬のような目覚しい効果は期待できませんが、毎日の食事で使用する油として、えごま油やシソ油を取り入れてみてはいかがでしょうか。また、DHAやEPAはお魚に含まれる脂質ですので、通常のお食事でお魚が摂れなかった日にはサプリメントで補うということもよろしいと思います。

2006/09/28

妊娠中にメグスリノキ茶を飲んでも良いですか?

■質問:
妊娠する以前から、目のためにとメグスリノキ茶を飲んでいます。現在妊娠6ヶ月になったのですが、何か影響はあるでしょうか。すぐに飲むのをやめたほうが良いでしょうか。

■回答:
メグスリノキについては、妊娠中の服用について特に問題が報告されているわけではありませんが、信頼できるデータもあまり集積されていないようです。
赤ちゃんの器官形成期である妊娠4週から妊娠15週は、お医者様からの指示があった場合をのぞき、お薬や健康食品の摂取は極力避けていただいています。健康食品の安全性はまだまだ解明されていない点が多いため、どうしても必要なもの以外は飲まないでいただくのが一番安全だからです。
かかりつけの先生は、メグスリノキ茶の飲用についてご存知でしょうか。お話なさっていない場合は、必ず先生にもご相談ください。より良い健康づくりをなさっていくためにも、お医者様と情報共有していくことは非常に大切なことです。

2006/09/27

角栓を押し出した痕(あと)について

■質問:
数週間前、額と頬の角栓をそれぞれ一箇所ずつ指先で押し出して取ってしまいました。結構力を入れて取りました。すっきりしたくて、つい…でした。結果、1週間ほどはケガや火傷をしたみたいに薄皮がめくれ、それが治った今はシミのような痕が残ってしまいました。少しずつ薄くはなっているようですが、急には消えません。コンシーラーでカバーしています。
ずいぶん昔にも同じようなことをした記憶もあるのですが。まさかずっと残ってしまうのではないかと少々心配になってきました。何か良いアドバイスがあれば教えてください。

■回答:
角栓を押し出すときに爪を立ててしまったり、表面の皮が剥けるほどギュッと押したり、皮膚に過度な刺激を加えてしまうと色素沈着を起こして痕が残ってしまうことがあります。
徐々に薄くなって消えてくれれば良いのですが、そのままシミとして残ってしまうことも考えられます。消えるにしても時間はかかると思いますが、少しでも状態を改善できるようにケアしましょう。
色素沈着の改善に有効なのは、L-システインというアミノ酸とビタミンCです。L-システインとビタミンCが、メラニン色素の発生を抑えてシミ、そばかす、日やけなどの症状を改善します。商品としては「ハイチオールC」や「システィナC」などの医薬品があります。しばらく継続して飲まれるとよろしいでしょう。
また、痕が残ってしまった部分に紫外線を当てないようにすることも、シミとして残さないためにとても大切です。春から夏に比べれば紫外線は弱まってきていますが、オゾン層の破壊が進み、地球に降り注ぐ紫外線の量は一年を通して強くなっています。毎日UVカットクリームを使用されることをおすすめします。

2006/09/25

基礎体温について

■質問:
26歳の女性です。中学1年の時に初潮を迎えてからずっと生理不順に悩まされております。ここ1年くらいはわりと定期的に来てるのですが、35-45日周期で、基礎体温にもバラツキが見られます。普通は体温が上がって1-2週間くらいたって体温が下がった時に生理が来ますよね?私の場合は一度体温が上がって2-3日は高温なんですが、その後1回下がって、平熱が1週間くらい続いた後に生理になります。これってやっぱりおかしいのでしょうか・・。

■回答:
ホルモン状態を表す基礎体温グラフは、パターンはいろいろあります。あまり心配しすぎないようにしましょう。高温期と低温期に大体分かれていれば特には問題ないと思います。高温期が短い、生理周期が長い、もともと生理不順といったことから考えると、異常ではないかもしれませんが、今後の結婚や妊娠の準備という意味で一度、産婦人科で相談されるのもよろしいと思います。
子宮筋腫などの病気があっても生理は狂いますし、ホルモンの状態が悪い場合も生理不順になります。また、その原因もさまざまです。健康診断と考えて一度診ていただきましょう。今は医学が発達していますから、あれこれ悩んでいるより診察していただいたほうが安心できると思います。

2006/09/21

酸素バーについて

■質問:
酸素バーについて教えてください。酸素を吸うと集中力が高まるのでしょうか。 集中したい時は何時間前から吸うと良い、などありますか?5分以上の吸い過ぎは良くないと何かで読んだことがあるのですが本当でしょうか。私は、集中力、質の良い睡眠、美肌作りをしたいと思っていますが効果あるでしょうか。

■回答:
酸素バーの酸素は空気中にある酸素よりも濃度が濃くなっているようです。集中できるかどうかは、酸素のみで決定されるわけではありませんので、酸素バーの酸素を吸えば集中力が高まるとは必ずしも申し上げられません。しかし、眠気のある時などに吸うと頭がすっきりして眠気がとれたといったお話は伺ったことがあります。5分以上は吸わないほうが良いというお話は何を根拠になされたものか分かりませんが、通常吸っている酸素よりも濃度が濃いためなのかもしれません。
また、質の良い眠りや美肌作りについても、酸素だけがそのカギを握っているわけではありません。健康維持のひとつとして酸素バーを活用されるというお考えでよろしいのではないでしょうか。

2006/09/20

体があちこち痒くなります。

■質問:
1年ほど前から耳の中が痒くてかかずにはいられないような事がたびたびあり、下着の締めつけでかぶれることも多くなってきました。ミミズ腫れのような感じになります。締め付けが特にきついわけではありません。
また、先週から急に頭皮にニキビのような吹き出物ができるようになりました。その頃から頭が痒くなってきました。昨日辺りから、指先や腕、足の甲の横側なども痒くなるようになりました。今日は、体の一部や顔にも痒みが出てきました。
原因がわかりません。どのように治療すれば良いのでしょうか。

■回答:
もともとアレルギー体質でしょうか。花粉症や鼻炎はお持ちではありませんか?あるいは、今になってアレルギー体質に変化してそのような症状があらわれてきたのかもしれません。体質の変化は、加齢、疲労、精神的ストレス、気候の変化(季節の変わり目、温度変化等)の影響を受けてあらわれることがあります。
皮膚は体を映す鏡と言われます。体の中が健康であれば、皮膚も健康であるという考えです。バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠という基本的な生活習慣をきちんと送り、内側からも体調を整えるようにしましょう。
治療としては、アレルギー症状を抑えるお薬を服用したり、かゆみや湿疹の出ている部分に塗り薬を塗ったりします。また、アレルギーや皮膚病などは、漢方薬が功を奏します。
まずは皮膚科を受診なさって、あなたに合った治療法をお医者様とご相談ください。

2006/09/15

ダイエットしたいのですが・・・

■質問:
40代の女性です。ポッチャリ体型が気になっていますが、帰宅時の缶ビール1-2本がやめられません。休日は昼からサワーなどを頂いています。泥酔にはなりませんが5本位は飲みます。半アルコール依存症でしょうか。
ダイエットしたいのですが、今話題になっている「ナイシトール」を服用しても大丈夫でしょうか。
ナイシトール85 180錠http://www.kenko.com/product/item/itm_8803508072.html

■回答:
「ナイシトール」は、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)という漢方製剤です。アルコールをやめると体重の増加も少しはましになるとは思いますが、このお薬が効くかどうかは漢方薬の場合は、証(体質)によります。次のような方に適しています。
体力充実型、硬太り、太鼓腹、便秘がちで、首太赤ら顔の卒中体質、尿量少なく肩こりで高血圧気味、肥満、高血圧、常習性便秘など。
いかがでしょうか?水太り、色白で筋肉がやわらかく運動不足でむくみやすい方には、防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)などもよろしいと思います。
しかし、お薬に頼る前にまずは習慣を見直しましょう。最近はチューハイもカロリーを考えたものが販売されています。また、アルコールはクセになりますので、ご自身でルールを決めて、適量を召し上がりましょう。

2006/09/14

コンタクトレンズ装着時の目薬

■質問:
目薬の注意書きに「ソフトコンタクトレンズ及びO2コンタクトレンズを装着したまま使用しないで下さい」と記載されているのをよく見かけます。もし、これらのコンタクトレンズを装着したまま使用した場合、どのような危険性があるのでしょうか。

■回答:
一般にハードコンタクトレンズについては、レンズを装着したままで目薬をさしても構わないのですが、ソフトコンタクトレンズや、ハードコンタクトの中でも酸素透過性レンズは、装着したまま目薬をさすと、目薬の成分がレンズの性状に影響を与えたり、レンズに吸収された目薬の成分が目に刺激を与える可能性があります。そのために使用を控えていただいています。
角膜保護の目的等で、ソフトコンタクトを装着する際に目薬をさして良い場合もありますが、ソフトコンタクトレンズや酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着している時は、コンタクトレンズ装着時でも使用可能な人工涙液タイプの点眼液を使用していただき、それ以外の目薬は使用しないようにしてください。
利用できるタイプの点眼薬は以下を参考にしてください。
目薬・洗眼剤/目薬/コンタクト用目薬
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_774011.html

2006/09/13

妊娠中にできるシミ

■質問:
現在妊娠中でシミが気になります。エスエス製薬の「ハイチオールC」は妊娠中に飲んでも大丈夫ですか?

■回答:
妊娠中に飲んで頂いても問題ありません。妊娠中はしみができやすくなるのは、ある意味仕方ないことですので敏感になる必要はないのですが・・・。
妊娠中には、黒皮症といって茶褐色のシミが額やほおにできることがあります。また乳輪が黒ずんできたり、下腹部に茶色い線ができたりします。このような皮膚の変化は、胎盤から分泌されるホルモンがメラニン細胞(茶褐色のメラニン色素をつくる細胞)を刺激するために起こると考えられています。

2006/09/12

錠剤が飲めない

■質問:
よく錠剤の飲み方に「かまずにお水と一緒にお飲み下さい」と記載されていますが,どうしても子供の頃に飴玉をひっかけたトラウマで錠剤がうまく飲み込めないので口の中で噛み砕いてしまいます。いい加減に飲めるようになりたいのですが,努力しても口の中に錠剤が残ってしまいます。かまずに、と記載してある錠剤を噛み砕いて飲むと体に害があるのでしょうか?

■回答:
「かまずにお水と一緒にお飲みください」と書かれているお薬をかんでしまうと、お薬の効果が十分に発揮されない場合があります。例えば胃酸に弱いお薬は、胃の中で胃酸に負けないように錠剤の表面がコーティングされています。かんでしまうと表面のコーティングを壊してしまい、中のお薬が胃酸に負けて効果が落ちてしまいます。また、お薬の効果を長く持続させるように作られたお薬は、錠剤が何層にも分かれていて、早く効き目があらわれる層とゆっくり長く効き目があらわれる層から出来ていますので、かんでしまうと期待する効果が得られなくなります。
「かまずに」というお薬にはきちんと意味がありますので、かまずにお飲みください。かんで体に害があるということではありません。
錠剤を飲み込むことができない方は、オブラートゼリーを使用されることをおすすめします。オブラートゼリーは、粉薬、錠剤、カプセルをゼリーに包んでゼリーごとスルっと飲めるように工夫されたものです。普通のゼリーではなくお薬を飲むためのゼリーですが、飲みやすいように味がついています。
・オブラートゼリー各種
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_655282.html

2006/09/07

手足の指のかゆみ

■質問:
足の指に靴擦れのようなものが出来ました。それは自然に治ったのですが、その後度々その部分が痒くなります。そのうち皮膚が硬くなって、痒みが止まるのですが、その後その部分の皮膚が剥けて、暫くするとまた痒くなって・・・を繰り返しています。
同様に手の指も時々痒くなり、掻くと湿疹のようなポツポツが出来、それが後にかさぶたのようになって治るというようなこともあります。こちらは季節の変わり目やストレスを強く感じた時に出る傾向にあるように感じます。
何かケアするためのアドバイスを頂ければと思います。

■回答:
もともと皮膚が弱かったり、アレルギー体質である方は、疲労・ストレス、季節の変わり目などに、湿疹があらわれることがあります。いつも同じ部位に同じような湿疹を繰り返し起こしやすいようです。しかし、湿疹と思っていたら実は水虫だったというケースもあります。足の指という点がちょっと気になります。
日常のケアとしては、まずは足を清潔にしましょう。外から帰ってきたら、必ず足をシャワーで洗い、水気をタオルでしっかりふき取ってください。手は、洗いすぎたり洗剤の使いすぎから湿疹が出来ることもあります。水仕事の際は、ビニール手袋を使われたほうがよろしいでしょう。ビニール手袋の下に木綿の手袋をするとさらにお肌への負担が軽減されます。
湿疹なのか水虫なのか、確かなことは診察を受けないと分かりませんので、一度、皮膚科の先生にご相談いただくことをおすすめいたします。

2006/09/06

女性ホルモンの乱れ?

■質問:
私は女子高生です。ムダ毛がとても多いのが気になり、病院に行こうかと思っています。こういうのは何科で診てもらえば良いのでしょうか。皮膚科?産婦人科?産婦人科で見てもらう場合、女性ホルモンのバランスに異常があるかどうかを診てもらえば良いのでしょうか?

■回答:
体のムダ毛の量には個人差があります。薄い人もいれば濃い人もいます。女性ホルモンの異常によるものかどうかはわかりません。また、あなたのムダ毛が本当に処置する必要のあるものかどうか、こちらでは判断できません。
特にどの部位のムダ毛が多くて気になるのでしょうか。もし、簡単に皮膚の状態を知りたいのであれば、まずは皮膚科でご相談されてはいかがでしょうか。最近の皮膚科は脱毛処理もしていただけるところが多くなっているようです。

2006/09/05

ひじの痛み

■質問:
42歳の女性です。数年前から子宮筋腫があり、経過観察のために定期的に検診を受けています。5月にゴルフの練習に行き、翌日から左ひじに痛みを感じました。ただの筋肉痛と思い湿布薬を貼って済ませました。少し良くなるとまたゴルフ、という繰り返しで、なかなか痛みが取れず今に至っています。
ひじを伸ばしたり曲げたりする時も痛みがあります。仕事、育児、家事と体を休ませる時間も病院に行く暇も無い状況です。アドバイスをお願いします。

■回答:
ひじの腱鞘炎が疑われます。まずはゴルフの練習を休むことが大切です。
42歳という年齢を考えますと、生理が終了する段階に入っていますので、ホルモン的にも過剰な運動や労働は控えられたほうが、これから迎える更年期を無事に過ごすことができるのではないかと思います。
日常の痛みの改善のためにはひじ用サポーターを利用されてはいかがでしょうか。また、サプリメントとして痛みに効果が期待されるMSM(メチルスルフォニルメタン)や、関節の軟骨部分の材料となる成分(グルコサミン、コンドロイチン、2型コラーゲン)が入っている商品を摂られてみてもよろしいと思います。
痛みがひどい場合は、ステロイドの局所注射が効果的なようです。専門医と相談されて決められると良いと思います。局所に注入するようなので、ステロイドの全身作用はないと思われます。

2006/09/01

首だけ、しみて痛みます。

■質問:
首だけ石鹸やお湯がしみて痛く、赤くなります。今月からです。しみるようになってからは、石鹸は使用せずお湯で軽く流す程度にしておりますが、毎日シャワーを浴びるたびにしみて赤くなります。翌朝には赤みはひいているのですが。化粧水などもしみます。
海などで日焼けしたわけではないのですが、夏場なので多少は日焼けしています。何か薬など塗った方がよろしいでしょうか?

■回答:
首だけに症状が現れているのが気になりますね。原因を特定することは難しいのではないかと思われます。考えられる原因としまして、金属アレルギー、石鹸アレルギー、光アレルギー、汗アレルギー等のアレルギーです。
特にアレルギー体質でもなく普段は健康なのに、ということでしたら、体力の低下や免疫力の低下が原因になっているのかもしれません。
いずれにしても、体に合わない塗り薬を塗って悪化してしまうのはいけませんので、皮膚科の先生に相談されることをお勧めします。