2006/07/31

体がだるい

■質問:
朝、体がだるく起きるのがとても辛いです。夜早く寝ていても体のだるさが抜けず全身に力が入らない気がします。何か良い薬や栄養ドリンクなどはないでしょうか?

■回答:
体に吸収しやすい液体の酵素飲料をお勧めします。酵素飲料は、新鮮な野菜、果実、根菜、海草など数多くの素材が原料です。酵母やバクテリアなどの微生物の働きで、原料に含まれる植物性酵素群、栄養分を発酵・抽出し、アミノ酸群、ミネラル、ビタミン等が多く含まれています。ストレスの多い現代にかかせない、5大栄養素、とくにビタミン、ミネラルの補給に便利です。食後に飲んでいただくことで、食事の栄養も吸収しやすくなります。

2006/07/28

精製水とミネラルウォーターの違いは?

■質問:
精製水とミネラルウォーターでは何が違うのですか?よく精油をスプレーして使ったりする際に精製水が必要とあります。違いを教えてください。

■回答:
ミネラルウォーターは、ミネラルが含まれています。ミネラルには、カルシウム(Ca)、リン(P)、マグネシウム(Mg)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、塩素(Cl)、鉄(Fe)、銅(Cu)、亜鉛(Zn)、セレン(Se)、マンガン(Mn)、ヨウ素(I)、コバルト(Co)、イオウ(S)、モリブデン(Mo)、クロム(Cr)などがあります。精製水はこういったミネラル成分を除去したお水(H2O)になります。ミネラル分や不純物を除去することによって、水道水より腐りにくい水を作ることができます。
※精製水
英名:Purified Water、化学式:H2O、分子量:18.02
常水を蒸留、イオン交換、超ろ過又はそれらの組み合わせにより精製した水である。

2006/07/24

かさぶた跡は消えますか?

■質問:
高1の女子です。先日水ぼうそうにかかってしまいました。症状は良くなったのですが、顔にかさぶたができ、そのかさぶたの取れた肌の色が周りの色と違います。これは良くなるのでしょうか?

■回答:
水ぼうそうの跡は少し残る場合があります。日にちが経つにつれて分かりにくくはなりますが、近くで良く見れば水ぼうそうの跡かな?という具合に残ることもあります。日本人は95%くらいが水ぼうそうにかかっています。結構多くの方が顔にも水ぼうそうの跡を持っていると思います。
現代のメーク技術で十分隠せると思いますが、早期にできた傷跡を目立たなくする方法としては、佐藤製薬の「ペリドール」といったお薬のようにヘパリン様物質が入っている塗り薬を傷跡に塗っていただくと良いでしょう。時間はかかるかもしれませんが、徐々に目立たなくなっていくと思います。

2006/07/21

妊娠中の水虫

■質問:
水虫の治療で市販のエクシブクリームを使用している途中で妊娠が分かりました。今は使用をやめているのですが、妊娠5週くらいまで使用してしまいました。お腹の子に影響があるでしょうか。

■回答:
内服薬と違って、外用薬(特に水虫のお薬)は硬い皮膚上に塗りますので、体内に入る薬成分はほとんどないと考えられ、胎児への影響は問題ないと思われます。
ただ、妊娠中は通常よりも肌が敏感になっていますので、広範囲に塗ることは避けてください。皮膚トラブルなどの影響がないかどうか注意する必要はあります。

2006/07/20

顔の赤みについて

■質問:
16歳、高校2年生の女子です、私は鼻の付け根部分がいつも赤く、毎日ファンデーションで隠しています。時間が経つにつれてファンデーションが落ちてくると赤みが目立ち恥ずかしいのです。この赤みは何をすれば治るのでしょうか。教えてください。

■回答:
鼻の付け根が赤い理由として考えられるのは、皮膚が炎症を起こしている、毛細血管が拡張している、ゴシゴシこすりすぎて皮膚が薄くなっている、等ではないかと思います。炎症が起きているのであれば、炎症を抑えることによって赤みはひきますが、毛細血管が拡張している場合は、簡単には改善できません。気になるようでしたら、一度皮膚科の先生に診ていただくことをおすすめいたします。
また皮脂の分泌ですが、16歳前後の年頃はもっとも皮脂の分泌の盛んな時期です。ファンデーションを塗っていらっしゃるようですが、その若さでファンデーションを塗ることが当たり前になってしまうのは、お肌の健康を考えるとおすすめできません。出てきた皮脂を取り除くには、まず洗顔することです。ファンデーションを塗っていると簡単に顔も洗うことが出来ません。顔を洗えない場合は、化粧水のスプレーを顔に吹き付けてティッシュで抑えるとさっぱりします。
食事の面では油っぽいものを控えて、野菜をたっぷり食べるようにしましょう。特に、ハンバーガーやフライドポテトなどのファーストフードや、チョコレート菓子、スナック菓子などは、皮脂の分泌を多くする原因となりますので気をつけましょう。皮脂の分泌を抑える働きがあるビタミンは、ビタミンB2やビタミンB6です。バランスの良い食事をすれば十分補えるものですが、不足している場合は、お薬やサプリメントで補う方法もあります。

2006/07/18

爪のデコボコ

■質問:
右手の人差し指の爪が、3ヶ月程前からデコボコしています。最初は甘皮がなくなっていき、半月が通常より余分に出てきました。次に横線が入った爪が生えてきて、今では横線が三本、爪を横から見るとポコポコと山が三つあるように見えます。
指のほうにはかなり小さい水疱のようなブツブツができたり、痒みがでて部分的に赤くなったりもします。顔のように目立つ場所ではないので皮膚科に行っておりませんが、長い間治らないので心配になってきました。

■回答:
皮膚科の診察を受けないと確かなことは分かりませんが、爪の乾癬が原因でデコボコになっている可能性があると考えます。また、爪の表面に線が入っている場合ですが、縦線の場合は年齢に関係するもの(老化)ですが、横線の場合は、体の不調や精神的ストレスなどの健康状態、あるいは、化学薬品などによる刺激が原因として考えられており、洗剤などによる刺激でも起こりうる症状です。
手にあまり強い刺激を与えないように、また、リラックスしてストレスを取り除くようにしましょう。家事等で水を使った後、油分補給をしながらマッサージをするのも良い方法です。

2006/07/14

あせもローションは顔に使用できますか?

■質問:
3ヶ月の子供の顔や頭にあせもができています。特にまぶたにできているものがかゆいらしく、掻きむしっている状態です。早くかゆみをとってあげたいのですが、やっぱりかいた手で目をこすると目に入ってしまっていけませんよね?
皮膚科ではステロイドのお薬を背中用に出してもらって治したのですが、最近また出てきました。また、ステロイドは顔には塗れないので、ステロイドではないあせものお薬を探しています。あせもローション「桃の葉の薬」は顔に使用しても良いでしょうか?

■回答:
「桃の葉の薬」は医薬品です。殺菌目的に少量のアルコールが入っています。そのアルコールでかぶれる場合もあります。よって、まぶたに使用することはできません。目のまわりは特に敏感で刺激を感じやすく、目の中に入る危険性もあります。小さなお子様の顔の皮膚は薄くて感受性が強いので、ほっぺであれば使用できるかもしれませんが、場合によっては刺激になります。
小さなお子様は汗をかきやすく、あせもができやすいのですが、なるべくこすらないで汗の成分を洗い流すようにしましょう。また、爪は短く切っておくこと。爪が長いと、掻きむしった時に傷が出来たり、その傷から雑菌が入ったりします。こまめにシャワーやお風呂に入れることであせもは少なくなります。

2006/07/13

子供の脱毛

■質問:
4歳の息子ですが、1ヶ月位の間に頭の毛から眉毛までほとんど抜けてしまいました。皮膚科で診てもらったところ、免疫が低下したことが原因だと言われました。液状の塗り薬をもらってつけています。
少しずつですがまだらに生えてきてはいます。免疫力ということなので粉ミルクを飲ませてみてはと思っているのですが、他に何か子供でも飲めるようなサプリメントはありますか?

■回答:
サプリメントは大人用です。4歳のお子様にお勧めするできるものはありません。そこで、栄養の補充には野菜ジュースを飲ませてみましょう。ミネラル不足も原因のひとつと考えます。
まず髪の毛は、ストレスに非常に弱いけれども再生能力も非常に優れているという特長があります。例としては、抗がん剤投与の人は脱毛しますが、治療が終了するとまた元の状態に戻ります。抜け毛の原因としては、性ホルモン、生活環境(睡眠、喫煙、食事)、ストレスなどが考えられますが、産毛(短い発毛)がある場合はちゃんと生え揃いますので心配ありません。
4歳の息子のストレスを考えてもわからないでしょう。それよりお子様が抜け毛のことを余り心配しないよう、お母様が接してあげてください。親が心配すると子どもに心配や不安が移ってしまいます。

2006/07/11

ゴム臭のする尿

■質問:
35歳の女性です。最近、尿の匂いが気になります。どういう匂いかと言うと、ゴムのような匂いです。3週間ぐらい続いています。おしっこをする度にゴムのような臭いを感じます。尿の量や排尿の回数は普通だと思います。尿の色はうっすら黄色という感じです。泡立ちはありません。
日頃ハンバーガーを食べると特にそういうことがありますが、3週間ぐらい前に食べて以来口にしていません。

■回答:
ゴムの臭いがどんなトラブルの原因かはわかりかねますが、下記を参考に泌尿器科を受診されてはいかがでしょうか。

※尿の臭い
・正常尿・・・わずかに特有の芳香臭があります。アルコール摂取後の尿では特有のにおいがありますが、異常ではありません。
・細菌尿・・・尿路感染症などでは、細菌によって尿素が分解されアンモニアが生じます。この場合には不快なアンモニア臭が発生します。
・重症糖尿病尿・・・重症の糖尿病の場合、尿の中に「アセトン体」が排泄されますが、この場合には甘酸っぱい臭いのアセトン尿を生じます。
・アミノ酸代謝異常症尿・・・かえで糖尿病ではメープルシロップ様の芳香臭を、フェニルケトン尿症ではネズミの尿のような臭いを生じます。

2006/07/07

背中が痛む

■質問:
背中の左側、あばらの下あたりが痛みます。後ろを見る時に左側から振り向いたり、また、何もしなくても違和感を感ることもあります。ちょっと飲みすぎるともどしてしまうことが多いのですが、そのせいでしょうか。どこか内臓が悪いのでしょうか?それとも、少し時間を置けば治るものなのでしょうか?

■回答:
検査しないと詳しいことはわかりませんが、もしかすると膵臓に炎症があるのかもしれません。消化器が専門の病院に相談されてはいかがでしょうか。
膵臓の病気で多いものは膵炎と膵癌です。膵炎には急性膵炎と慢性膵炎があり、腹痛、背中の痛み、吐き気、腹満などの症状がおこります。原因はアルコールが最も多く、胆石でおこることもあります。

※慢性膵炎の腹痛の特徴
1:時にみぞおちから左上腹部にかけての激痛。
2:鈍痛が絶えずあるか、繰り返して起こる。多くの場合背中の痛みを伴う。
3:飲食後に起こりやすい。
4:吐き気、食欲不振、腹部膨満感を伴う。

2006/07/05

養命酒のアルコール

■質問:
お酒が全く飲めないのですが、養命酒はアルコールに弱い人でも大丈夫なのでしょうか?酔っぱらってかえって具合が悪くなったりしませんか?

■回答:
養命酒の1回量は、盃(さかずき)一杯程度ですので基本的には問題ないと考えられるのですが、アルコールに弱い方が原液のまま服用すると、顔が火照ったりしてエタノール症状が出ると思われます。
利用される際には、水もしくはお湯で薄めて飲まれてはいかがでしょうか。薄めることによってアルコールの影響を少なくできると思います

2006/07/04

飛蚊症について

■質問:
幼い頃から症状の現れている生理的飛蚊症というのは、今後レーザーなどによる治療は可能ですか?また生理的飛蚊症の場合は、網膜剥離など失明する可能性がある眼病になりますか?

■回答:
眼科医ではありませんので、残念ながら詳しい情報は持ち合わせておりません。
生理的飛蚊症については、治療法が現在のところ確立されていないようですので眼科でも治療はされていないようですね。ですが、網膜裂孔や網膜剥離という病気を引き起こすことがあるようですので、注意は必要です。相談できる眼科を見つけられることをお勧めします。

※生理的飛蚊症
病気ではなく飛蚊症を感じる場合があり、これを生理的飛蚊症といいます。胎生期(母胎の中に居る時間)に消失すべき硝子体の中の組織がそのまま残って飛蚊症として感じるものです。この場合は程度も非常に軽く、進行はせず、病気ではないので放置しておいてよろしいです。

2006/07/03

手のひらの赤み

■質問:
手のひらの色ですが、他の人より赤味を帯びています。かなり前に見た健康番組ではあまり良くない様なことを言っていましたが、どうなのでしょうか?
これと言って自覚症状はないのですが、この先考えられる病気等や、何か普段の生活で心がけたほうが良い事はありますか?

■回答:
手掌紅斑と呼ばれるものがあります。肝臓が悪い人の手のひらをみると、親指や小指の付け根のふくらみ、指先の先端の膨らみの部分が、境界線がわかるほど周囲から際立って赤く潮紅し、小さな斑点がみられることがあります。赤い部分を指で押して圧迫すると一時的に色が消えて白くなり、指を離すとまたすぐに赤くなるのが特徴です。この手掌紅斑は肝障害によって起こる女性ホルモン・エストロゲンの過剰が原因と考えられています。エストロゲンの過剰症状には、他にも、クモ状血管腫と呼ばれるものもあります。毛細血管が点状にふくらんで、小さな赤いクモが足を広げたような状態です。一般に、首筋や胸から肩のあたりにでます。
手掌紅斑があり、クモ状血管腫があれば、まず間違いなく肝臓に慢性の障害が疑われます。例えば肝硬変ですが、肝硬変は治療の難しい進行性の病気ですから、直ちに医師の診察を受ける必要があります。肝機能をまず検査されて異常の有無を確かめることが第一になりますので、似たような状態であれば医師の診察を受けてください。普段の生活の注意としては、アルコールがお好きな方の場合は飲酒を中止する必要があると思います。