2004/11/30

陰部にできた腫れ物

■質問:
ここ最近ですが、陰部あたりに1.5cm位の腫れ物ができました。ちょっと膿のようなものも押したら出てきます。
仕事の都合や、恥ずかしいという気持ちもあって病院には行ってません。

■答え:
化膿しているようですね。病院でお薬をいただいたり、場合によっては切開して膿をださなければいけないかもしれません。
病院へ行って診ていただきましょう。不快な毎日を送るくらいなら、覚悟を決めて診ていただきましょう。早く治した方がすっきりします。
陰部のしこりやはれものは珍しい病気ではありません。恥ずかしくはありません。

2004/11/29

背中のニキビ跡について

■質問:
5-6年前の中学生頃から背中のニキビ跡や吹き出物に悩まされてます。ボツボツ茶色の跡がたくさんあります。出来始めはとても痒く、数日経つと痕になってしまいます。
何かオススメのケア方法がありましたら教えて下さい。

■答え:
背中のニキビの原因の大半は、洗い残した角質が毛穴を塞ぐことにあります。
背中の中心部(背骨のあたり)も皮脂分泌の多い部分で、しかも体を洗う時に、背中は見ながら洗えないので、洗い残ししやすいのです。
今も新しいニキビが次々できる状態ではないなら、上手に洗っていれば、そのうち肌の新陳代謝で色素沈着した角質が落ち、痕も消えます。
体を洗う時は、まず湯船に浸かって垢をふやかしてから、絹のタオル(刺激は少ないけど垢は良く落ちる)などで石鹸をよく泡立て、洗いましょう。背中を少し丸めるようにして、タオルはたすき掛けの要領で、右肩から左腰の斜めのラインで洗い、次に手を逆にして左肩から右腰のラインで洗い、最後に横にスライドさせながら上から下まで洗うようにすると、背中全体をまんべんなく洗えます。
そしてお風呂上がりに、ボディ用の美白ローションなどお使いになられるのも良いと思います。
きちんと洗っているのに、今でも新たなニキビができるという場合、他の外的要因として考えられるのが、トリートメント剤や整髪料の類いの影響です。髪が長い人で、毛先があたる部分だけニキビになるというのなら、この可能性が高いでしょう。
その場合は、トリートメント類が肌質に合っていないかもしれませんので、ヘアケア用品の見直しをされると良いと思います。

2004/11/26

血圧の上と下の差について

■質問:
主人の仕事は土木関係で、内容的にハードなので仕方の無いことかもしれないのですが、最近、だるい、疲れが抜けない、すぐ疲れるなど訴えています。
今日、家で血圧を測ったら、上が129下が58、脈拍は54でした。上と下の差があるとあまりよくないと聞いたことがあるのですが、本当ですか。改善するにはどうしたらよいのでしょうか。
それと私自身の事ですが、ここ1週間くらい脈が早く、85-90もあります。ドキドキしているのが分かるので、余計に気になって脈が早くなります。いつも夜更かしをしているので、寝不足から自律神経がおかしくなっているのかなぁとも思うのですが。

■答え:
血圧が低いことで心配されていますが、血圧の低さには、個人差があります。だるい・疲れが抜けない原因が、何か他のものによるかもしれません。病院を受診されてご相談下さい。
次に脈拍ですが、100ぐらいまでは正常範囲です。でも、普段より脈が多くなっている原因がどこかにあるかもしれません。更年期障害などで頻脈傾向になる場合もあります。原因に関してはこちらでは調べることができませんので、病院を受診されてご相談下さい。内科受診されるか、はじめから循環器科に行かれるか、どちらでもよろしいかと思います。年齢がわかりませんが、更年期障害の可能性がある場合は、産婦人科受診になります。

2004/11/25

鉄剤とサプリメント

■質問:
現在妊娠15週目で、貧血の為鉄剤を処方されています。
医者からの鉄剤を服用していれば、他の鉄分・葉酸を含んだサプリメントなどを摂取する必要はないですか。

■答え:
まずは病院の先生に相談された方がいいでしょう。飲まれている鉄剤についての情報がないので、併用についてお答えできません。葉酸だけのサプリメントの方がいいかもしれませんね。
鉄の1日の摂取上限は40mgになります。

下記は18才-29才の女性の1日のビタミンの目安摂取量です。(ご参考までに)
摂取上限がないものは量を多めにとっても問題ないようです。

●ビタミン
ビタミンA   1800IUもしくは540μg(妊婦2000IUもしくは600μg)・・・摂取上限 5000IU(1500μg)
 ↑ベータ?カロテンで摂取する場合はこの数値はあてはまりません
ビタミンD   100IU(妊婦300IU)・・・・摂取上限 2000IU
ビタミンE   8mg(妊婦10mg)・・・・・・・摂取上限 600mg
ビタミンK   55μg・・・・・・・・・・・・・・・・・摂取上限 30000μg
ビタミンB1  0.8mg(妊婦0.9mg)
ビタミンB2  1.0mg(妊婦1.2mg)
ナイアシン  13mg(妊婦15mg)・・・・・・摂取上限 30mg
ビタミンB6  1.2mg(妊婦1.7mg)・・・・・摂取上限 100mg
葉酸      0.2mg(妊婦0.4mg)・・・・・摂取上限 1mg
ビタミンB12  2.4μg(妊婦2.6μg)
ビオチン    30μg
パントテン酸 5mg(妊婦6mg)
ビタミンC    100mg(妊婦110mg)

●ミネラル
カルシウム   600mg(妊婦900mg)・・・摂取上限 2500mg
鉄        12mg(妊婦20mg)・・・・・・摂取上限 40mg
リン 700mg・・・・・・・・・・・・・・・摂取上限 4000mg
マグネシウム 250mg(妊婦285mg)・・・・摂取上限 700mg
カリウム    2000mg
銅        1.6mg(妊婦2mg)・・・・・・摂取上限 9mg
ヨウ素     150μg(妊婦175μg)・・・・・摂取上限 3000μg
マンガン    3.0mg・・・・・・・・・・・・・・・・摂取上限 10mg
セレン     45mg(妊婦52mg)・・・・・・摂取上限 250mg
亜鉛       9mg(妊婦12mg)・・・・・・・摂取上限 30mg
クロム     30μg・・・・・・・・・・・・・・・・・摂取上限 250μg
モリブテン   25μg・・・・・・・・・・・・・・・・・摂取上限 250μg

2004/11/24

皮膚の痒み

■質問:
身体が痒くなってそこを少し掻いたら、その部分だけ鮫肌みたくなってぼつぼつになりました。
それが1箇所だけじゃなくて何箇所かあります。

■答え:
冬になると皮膚が乾燥しやすくなり、それに伴い皮膚が痒くなるようです。
お風呂上りのオイルマッサージで改善されることも多いようです。
痒みがひどい場合や長期続く場合は、皮膚科を受診されることも必要です。

2004/11/22

飲酒時の分泌物について

■質問:
31歳男です。アルコールを一定量飲むと、肛門から粘着質の液体のようなものが出ます。便と違い我慢できず勝手に出てしまいます。透明で匂いもありません。かなりネバネバします。
これは何なのでしょうか?お酒を頻繁に飲むほうでもありません。

■答え:
もともと便が出るときには粘液が回りについた状況ででてきます。アルコールなどを飲むと直腸の緊張がとけ、粘液だけが出てきたのかもしれません。
いろいろ調べてみましたところ、腹痛を伴なったり、粘液の量が多い場合は、潰瘍性大腸炎の可能性があるようです。血便を伴なっていたりするのであれば、早めに肛門科に相談されることをお勧めします。

2004/11/19

ドカ食いについて

■質問:
僕は21歳男性で、身長177.2cm体重59.8kg体脂肪率5.9%(オムロンの体重計計測)です。太っているわけではないのですが、ケーキ・アイスが好きで、一気に6個くらい食べないと(1日1個などでは)満足出来ないので、週一で決めた日にのみ食べてます。今日も朝59.8kg→夜63.0kgになるまで食べてしまいました。
59-60.5kgの間をキープしたいのですが、いい方法はないでしょうか。また一日で3kg増えるのなら逆も可能ですか?自分の正確な基礎代謝が知りたいです。

■答え:
週一ドカ食いでバランスよく太っていかないならそれも良いと思います。食べてすぐに測ったら、食べた分は重くなっていると思います。身になっているかどうかは別物です。意外と食べる割には痩せているので、よく動いているのだと思います。
59-60.5kgの間をキープしたいと言うことでしたら毎日体重計に乗るとよいでしょう。また、太るのは毎日の積み重ねなので1日くらいたくさん食べても大丈夫です。
たくさん食べると通常は太りますが、痩せの大食いというのもあります。昔大食い選手権でたくさん食べて痩せている方の消化機能の事をいっていましたが、食べてもすぐに排便されてしまうようです。栄養の吸収効率が悪いから、たくさん食べないと栄養が摂れないのだなーと納得しました。
食事のリズムはそれぞれです。太りたくないなら毎日の体重管理をして、太ってきたらダイエットの意味でカロリーを減らせばよいと思います。弊社にもダイエット食はたくさんあります。1食だけをダイエット食に置き換えたりして摂取カロリーを落としましょう。
別サイトですが、基礎代謝を計算してくれるものがあるようですので、そういうものをご参考にされてはいかがでしょう。
今後は、ストレスのたまらない自分にあったライフスタイルにすることが一番良いですね。お腹いっぱい食べてもカロリーの低いものはあります。甘いものが食べたい場合でも和菓子は太らないと言います。
あなた様は現在太ってないので心配ありません。この調子で気をつけていけば太らないと思います。

2004/11/18

顔の赤みについて

■質問:
主人(33歳)は、体は色白なのですが顔だけが全体的に赤く、特に飲酒すると余計に赤くなります。お酒は弱い方です。血圧は正常で、慢性疾患もありません。栄養バランスもいいと思います。男性なのでファンデーションで隠すわけにもいかず、気の毒です。何か良い方法はないでしょうか。

■答え:
赤ら顔には、皮脂の分泌過剰によるもの、角質のバリア機能低下によるものなどさまざまな原因が考えられますが、「酒さ」と「毛細血管拡張症」は、どちらもお顔の皮膚の奧にある毛細血管が拡張して起こるものです。
「酒さ」は、一般的に、皮膚全体が赤くなる症状のことをさし、中高年以降のヒトに多く見られる症状です。根本的な治療法はなく、美容上の問題となっております。症状がすすむと、毛穴が開いて皮脂の分泌が過剰になったり、ひどい場合には、鼻のあたりの皮膚が大きく膨らんでしまうこともあります。冷え症の場合、皮膚の循環障害のため、少しずつ血管が開いてくるために酒さになりやすいともいわれていますが、はっきりとした原因は特定できていません。
「酒さ」の場合、内服剤や塗り薬による治療が行われることが多いのですが、これはかなりの長期戦になります。現在、数少ない大手の病院のみではありますが、「酒さ」専用に開発されたレーザーを置いているところもあります。
また、「乳酸菌抽出物(LFK)」は「酒さ治療剤」に対して効果が確認されているようです。酒さの治療に使われるミノサイクリンで効果のなかった14人の患者にLFKを飲用してもらった結果、改善率72%ということです。症状が悪化、副作用などは1名もなかったそうです。
一方、「毛細血管拡張症」は、一般的に毛細血管が赤いすじとなって透けて見える状態のことをいいます。生まれつき表皮の薄い方や、加齢による皮膚の衰えで表皮が薄くなること、皮下脂肪の減少、毛細血管が開くことなどで目立ってきます。特に表皮の薄い頬や鼻の下などに多く見られます。
「毛細血管拡張症」の場合は、レーザー治療を行うことが一般的になっています。
一度、皮膚科のお医者さまにみてもらって、赤ら顔の原因を特定してもらってはいかがでしょうか。
また、その際治療方法についても、よくご相談してみましょう。内服剤や塗り薬の場合は、どのくらいの期間続けなければいけないのか、副作用の心配はないのか等、また、レーザー治療をすすめられた場合には、傷みの有無、治療の跡は何日くらい残るのか、翌日からの洗顔やスキンケア・メイクアップはどうすればいいのか等、納得するまで良くお話をきいてから、治療を受けるようにされてはいかがでしょうか。

2004/11/17

脂肪燃焼効果について

■質問:
自分は20歳で、身長170cm・体重90kgです。ウォーキングなどの運動をしているのですが、ウォーキングと軽いジョギングでは、どちらが消費カロリーが高いのでしょうか。
あと筋トレと有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いと聞いたのですが、たとえば腹筋100回とウォーキング30分するとして、腹筋をやってから歩くのと、歩いてから腹筋をするのでは、どちらが痩せやすいのでしょうか。

■答え:
消費カロリーは、運動による負荷×体重×歩いた(走った)時間(分)です。
負荷については、下の通りです。
・ウォーキング 100m/分;0.076-0.082
・ジョギング? 120m/分;0.117-0.126
・ジョギング? 160m/分;0.157-0.170
・ランニング? 200m/分;0.208
・ランニング? 230m/分;0.235
・ランニング? 268m/分;0.272

ウォーキングの場合
0.076×90kg×30分=205.2kcal
という計算になります。

脂肪燃焼には有酸素運動(ウォーキングなど)が効果的。
腹筋は筋肉をつけるので、基礎代謝が上がり、結果的に脂肪燃焼につながります。
一説によると、筋肉のトレーニングで糖質をエネルギーとして使い果たしてから、ウォーキングなどの脂肪燃焼効果が高い運動をするといいそうです。

2004/11/16

妊娠中の喫煙

■質問:
現在第2子妊娠23週目です。一人目妊娠中はすぐに禁煙できたのですが、母乳が止まったあとまた吸い始めてしまい、第2子妊娠発覚後もなかなか禁煙できずにいました。本数は一日7-8本ですが、たまにシケモクも吸っていました。最近になってやっと禁煙を決意したのですが、いままでの喫煙が今になってとても不安です。シケモクは普通の喫煙よりも体に悪いというのも最近知りました。シケモクがどのように体に悪いのか教えてください。
また、先日の妊婦検診では「赤ちゃんが少し小さい」と言われとてもショックです。これも喫煙が原因なのでしょうか?

■答え:
妊娠中の喫煙は有害物質が血液の中を回るので、妊娠中はタバコは吸わない方がよいです。シケモクのほうが悪いとか良いとかの問題ではありません。タバコをすっているお母さんからは、低体重児が生まれやすいといわれています。
しかしながら産んでしまえば元気に育つと思いますので、現在お子様が小さい、大きいというのはあまり心配しなくても良いことだと思います。大きくても出にくいので出産時大変です。小さく生んで大きく育てましょう。
禁煙が一番望ましいです。できないならくよくよ考えないことです。

2004/11/12

フコイダンについて

■質問:
姉が、癌で入院しました。現在点滴等で治療を続けています。治療効果を上げるため、フコイダンを飲ませてやろうと思っていますが、実際のところ完全看護では飲ますことが出来ないと思います。どうすればよいでしょうか?

■答え:
身近な人が癌になったとき、本当に心身ともにご苦労が多いと思います。あなた様のお気持ちは痛いぐらいによくわかります。
しかしながら健康食品を摂取する場合、医師との相談なくしては摂取できません。
また、お姉さまがどんな状態かがわかりません。口から水分摂取できる状態なら飲ますことは可能です。ご家族の希望を医師に相談されることをお勧めいたします。
飲めるか飲めないか、与えてよい状態かそうでないか、ドクターが健康食品を受け入れてくれるか拒否するか。やはりキーパーソン(一番重要な人)は担当医だと思います。
「フコイダンを摂取させたいのですがどうでしょうか?」と率直に尋ねられてはいかがでしょうか?完全看護では飲ますことが出来ないと考えず、お願いすれば「水分摂取の代わりに飲ませましょうか?」と言ってくださるドクターもいらっしゃるかもしれません。
ただ、ドクターは治療しています。それも命をあずかって治療しています。フコイダンは治療薬ではありません。あくまでも食品です。合うか合わないかもわかりません。
フコイダンを摂取させることは治療ではないことは、はじめにしっかり認識されておかれたほうが良いと思います。
心配がこれからも続くと思います。がんも早期発見で治療していけば完治するがんもあります。希望を捨てずにお姉さまをはげましてあげてください。

2004/11/11

手作り化粧水を作る時

■質問:
手作り化粧水のレシピで、豆乳ローションには消毒用アルコール、納豆ローションには無水アルコールとあるのですが、エタノールで作ってはダメなのでしょうか?

■答え:
エタノールを使用されても問題はありませんが、豆乳ローションの場合は水の量を増やし、納豆ローションの場合は入れる水の量を減らすなどの対応が必要です。

●エタノール
「エタノール(アルコール) 局方 500ml」は、エタノール(アルコール)を95.1-95.6%含む日本薬局方の殺菌消毒剤です。手指・皮膚の消毒剤です。引火性があるため、ご使用の際には火気や換気に充分ご注意ください。また、衣類等につくと脱色・変色することがありますのでご注意ください。

消毒用エタノールを作りたい場合
エタノール830mlを精製水でうすめて1000mlとし、消毒用エタノールとして利用してください。
無水エタノールのかわりにエタノールを使う時は4%ほど水の量を減らしてください。

以下参考まで
●無水エタノール
「無水エタノール(無水アルコール) 500ml」は、エタノール(アルコール)を99.5%以上含有する、日本薬局方の殺菌消毒剤です。無色透明の液に、特異な臭いをおびた水溶性のアルコール類で、一般的に、精製水で薄めることにより、手指や皮膚の消毒、医療用具の消毒などに用いられています。

●消毒用エタノール
「消毒用エタノール(無水アルコール) 500ml」は、エタノール(アルコール)を76.9-81.4%含有する、日本薬局方の殺菌消毒剤です。無色透明の液に、特異な臭いをおびた水溶性のアルコール類です。

2004/11/10

寝起きの痰について

■質問:
中学生(女)です。最近朝起きると、痰があって少し気持ち悪いです。寝る前は出ていないので、寝ている間に溜まると言う事は解かるのですが、どうしてでしょう。
どちらかというと冬の方が多くて粘り気があります。

■答え:
中学生なら、喫煙などは多分されていないと思いますが…蓄膿や鼻づまりはありませんか?鼻が詰まると口呼吸になり、痰がつまりやすくなります。
あお向けで寝ていると、喉に唾液がたまります。その際はなるべく横向きに寝るようにされてください。

痰が出るという症状には、重大な病気が隠されている場合があります。

●咳が長引き、痰の量が多い場合
気管支喘息、気管支炎などにかかると、咳と痰が多くなり、やがて慢性化する可能性が有ります。

●黄色・緑色の痰や血痰が認められるとき
呼吸器系のどこかに炎症性の病気があり、患部が化膿している可能性があります。

思い当たる節があるようでしたら、呼吸器内科など受診されてください。

2004/11/09

妊娠中の肌荒れについて

■質問:
私は現在28歳で、看護師として働いています。子供の頃はアトピー性皮膚炎、また生理前、特に顔の肌荒れ(乾燥)がありましたが、特にケアをしなくても生理後は回復、問題なく過ごしていました。
しかし妊娠が発覚(現在7週目)したと同時に、限局して顔だけに著明な皮膚の乾燥や発赤・発疹ができはじめ、今まで使っていた化粧品全て肌に合わなくなりました。
皮膚科を受診したところ、弱めのステロイド軟こう処方され、一時的には良くなるのですが、止めるとすぐに悪化を繰り返すために、このまま塗り続けるのもどうなのか…と、不安になります。
今の私にあった良い化粧品や、摂るべきサプリメントについて何かありましたら教えて下さい。

■答え:
ご懐妊おめでとうございます。でも肌荒れはお辛いですね。
ご存知のように、妊娠中は体質がアレルギーに傾くため、もともとアレルギー体質の方では、どうしてもその様な症状が出てしまうものです。あなた様の場合は、おそらくもともと弱かった部分(皮膚)に症状が集中したのでしょう。
病院から処方されているお薬は、自分の判断で勝手に止めずに、医師の指導の下で使用なさってください。それがもしもアトピーであればなおさらです。
サプリメントについては、妊娠中の安全性が確立されているものがほとんどないので、ステロイドの外用剤で様子を見られることをおすすめします。
次に化粧品についてですが、化粧品は薬ではないので、肌状態を治す力は持ちませんが、辛い状態を多少なりとも緩和する助けにはなるかもしれません。また、化粧品に対する反応の出方は個人差があるため、肌に合うか合わないかの予測は誰にもできません。そして、肌荒れしている時のお手入れ方法も、残念ながら「これなら絶対」と確立したものはありません。以上の点をご理解いただいた上で、下記お手入れ例などもご参考にしていただければと思います。

お勤めをされているそうですが、もしノーメイクが可能なら、しばらくの間、口紅以外のお化粧は止めて、まずお肌を休めてあげてください。そして、1週間ほど洗顔料や石鹸は使わず、ぬるま湯で肌を撫でるように素洗いするだけにしましょう。化粧水がしみるようなら、化粧水もお休みして、良質な油分のみで肌を乾燥から守るようにします。
1週間くらい経って肌荒れが落ち着いたら、化粧水を加えてみましょう。その際は、なるべく配合成分が少ないものをお選びいただくと良いでしょう。(成分数が多い=かぶれる可能性のある成分が多くなる)
さらに1週間くらい経ってお肌の調子が良いようなら、石鹸洗顔などを始めてもいいかもしれませんね。石鹸が使えるようなら、メイクもOKですが、できればパウダーのみの薄目のメイクにして、なるべくお肌に負担をかけないようにお気を付けください。洗顔時は泡立てネットなど使って石鹸や洗顔料の泡を良く立てて、その泡だけを動かすようにして、優しく丁寧に洗いましょう。化粧石鹸や洗顔料よりは、シンプルな昔ながらの石鹸のほうがお勧めです。
お手入れやお化粧品を変えて、肌状態が著しく悪化した時や、何か異常を感じた時は、すぐ化粧品の使用は中止し、専門医にご相談くださいませ。

2004/11/08

ふくらはぎの痛みについて

■質問:
ふくらはぎに筋肉痛のような痛みがあるんです。アキレス腱をストレッチしようとしても、ちょっと傾けただけで痛みますし、少し強めにさするだけでも痛いです。
初めて気がついたのは2・3日前の朝、目が覚めたときです。激しい運動をしたわけでもなく、むしろ極端に運動不足を感じています。朝晩、犬の散歩で20分ほどは歩きますが、それ以外にほとんど運動をしていません。車通勤な上、仕事もパソコンでの開発業務のため、座りっぱなしです。首から肩のコリも強いほうです。足もコルのでしょうか?
原因がわからなくて困っています、良い解消方法があれば、教えて下さい。(27歳、女、165cm、52kg、体脂肪率24%くらい)

■答え:
肉離れかもしれませんね。運動不足が続くと、ちょっとしたことで筋肉の繊維が切れたりします。
痛みのある間は安静になさってください。時間が経つと治ります。無理に動かさないで下さい。2ヶ月もすると自然に良くなると思います。
痛みがだんだんひどくなるような場合や、ほかに気になる症状がある場合は、病院を受診されてください。
他に考えられることとしては、静脈血栓症といって血管が詰まっている可能性もあります。
同じ姿勢を長時間していると血行が悪くなり、血栓が生じる場合があります。飛行機に乗ったときのエコノミー症候群などがそうです。ひどい場合は病院で相談された方が良いでしょう。
軽い場合や予防には、弾性靴下をはいて圧迫療法すると良いと言います。ひきしめ靴下やストッキングを使用されても良いと思います。
また、座りっぱなしの仕事の合間に、足首を回したり、ときどき動いたり、ふくらはぎをさすってマッサージしながら、血行をよくする運動を取り入れましょう。
ただ、どちらにしても、痛いときは安静が一番です。

2004/11/05

黒茶色の舌苔について

■質問:
祖父の舌苔について悩んでいます。祖父は昔、結核により長期抗生物質を内服していたようです。元々偏食で食事量も少なく、舌には黒茶色の舌苔ができています。いつからこのような状態になっているかは、私にはわからないのですが、食事が食べられない原因の1つに舌苔があるのではないかと思っています。
看護師さんに相談し、いろいろ試してはいます(舌ブラシ、オキシドールを使うなど)が、なかなか改善はないです。祖父は87歳で、今は大きな病気はないのですが、寝たり起きたりの生活をしていて、オメプラールとパントシン・カマという薬を飲んでいます。
水分量や食事量が少ないので、ラコール(高カロリーの栄養ドリンク)やポカリスエットをいつも飲んでいます。
母は歯磨きを促していますが、なかなかできず、孫の私に言われると何とかしてくれます。

■答え:
舌苔は内臓の症状を表す場合がありますが、おじい様の年齢を考えると、舌の色が若い方と違うことは仕方がないことなのかもしれません。
食事が食べれない原因に舌苔が関係しているとお考えのようですが、消化器の働きや体の働きの低下が舌に現れているのであって、舌に原因があるとは考えにくいですね。
栄養ドリンクもいいですが、冷たい物は消化器の働きを悪くします。
温かいお茶や、温かくて食べやすい食事を作って食べさせてあげてください。気持ちの入った食事は体への吸収もいいと思いますよ。
歯磨き粉も刺激の少ない物を選んであげてください。そして、歯磨き粉はなるべく少量使用するようにして、舌への過剰な刺激は止めたほうがいいと思います。

舌苔の色については以下を参考にしてください。

●舌の苔は正常な場合
白い苔が全体に薄く均等についています。

●白い苔が分厚くなる
糸状乳頭が増殖したり、腐敗した粘液や脱落した上皮細胞が積み重なる状態。
脱水や唾液分泌の低下による自浄作用の低下、消化管の感染症などの場合によく見られます。
カビの一種であるカンジダ菌が異常に増殖している場合もあります。

●苔に黄色の着色
熱や病気が進行した時に認めることもあります。慢性胃炎や胃下垂、消化吸収不良でも薄黄色苔が形成されます。病状が進行すると黄色の程度が強くなる傾向があります。
また、喫煙本数の増加とも関連しているといわれています。

●灰色や黒色の舌苔
さらに病状が進行して重くなった場合など、高熱や脱水、炎症性疾患、感染症、唾液pHの変化などとの関連があります。
口腔内の常在菌のバランスがくずれ菌交代現象をおこすと舌苔が黒?褐色に着色し、舌に黒い毛が生えたように見えることがあります。
これは黒毛舌と呼ばれ、長期間抗生物質を服用した場合などによく見られます。

●全く苔を認めない状態(無苔)
これも異常な状態です。無苔は舌乳頭の全体的な萎縮によると考えられます。
疾患の重度慢性化、長期化の場合に見られ、慢性的な栄養不良が考えられます。
微量元素や鉄分が不足した場合などにも見られます。消化の良いものをバランス良く摂る必要があります。
部分的に舌苔が欠落した状態は、その様子が地図のように見えることから地図状舌といい、体の状態が安定していないことを示しています。胃腸が弱い場合や栄養が不足している場合など、たんぱく質やビタミン、微量元素の不足が考えられます。
また、舌がこのような状態の人は、ストレスに対する抵抗性が低下している場合も多く、心身ともにリフレッシュが必要です。

2004/11/04

消毒用エタノール(消毒用アルコール)について

■質問:
保育所でおむつ交換台やマットの消毒に、消毒用エタノールを噴霧しているのですが、噴霧する事により台やマットに付着している菌が飛散することはないのか心配です。
また、拭き取りなどせずに噴霧して乾燥させる事で、充分な除菌効果が期待できるのでしょうか。
ロタウイルスに効果はありますか。

■答え:
メーカーに確認したところ、噴霧では菌が飛散することも考えられるそうです。
できれば、綺麗な布巾に十分エタノールを染み込ませたもので拭くようにすると、菌が飛ばず効果的だそうです。
2度拭きする必要はありません。エタノールはだいたい5秒で菌を殺菌できます。
そして残念ながら、ロタウイルスへの殺菌効果は低いようです。
また、おむつ交換台やマットだけではなく、洗えるおもちゃも哺乳瓶・乳首と同じように消毒しましょう。
次亜塩素酸ナトリウムが主体の消毒剤にある程度漬けると、エタノールよりも殺菌できるようです。

●ロタウイルスの感染を防ぐために
感染予防のためにはまず、うがい、よく手を洗うことを習慣付けることが大切です。
ただし、手ふきタオルが一度病原体に汚染されてしまうと、かえってタオルが感染源となり、タオルでふくことが感染のきっかけとなってしまうことがあります。
1回限りで使い捨てできる紙タオルの使用を勧めます。
手洗い用の石鹸は薬用である必要はありません。

2004/11/02

いろいろな種類の健康食品の摂取

■質問:
50歳にして健康食品のことを考えるようになり、鉄分(貧血があるため)、大豆イソフラボン、コエンザイム、ロイヤルゼリーの4種類を、現在飲んでいます。
あれもこれもと種類が増えてしまい、何種類も飲むことへの疑問を感じていますが、カルシュウムも必要かとも思っており、まだまだ増えてしまいそうです。

■答え:
サプリメント(健康食品)はあくまでも栄養補助食品ですので、通常の食事で補えないもので必要性を感じるものだけ、摂取なさってください。ご自身の体調をみながらセレクトするしかないと思います。
更年期障害の予防で大豆イソフラボンとローヤルゼリーを摂取されているのでしょうか?
はじめから複合タイプのサプリメントを選んで、それぞれの成分の摂取量を減らすことで、胃や肝臓への負担を減らすという方法もあります。鉄分も生理が終了すれば、比較的不足することはないと思いますので、肉や魚で補うことが可能になると思います。
また、マルチビタミン・ミネラルをベースサプリメントにして体調を見られるというのはいかがでしょうか。天然のビタミン・ミネラルは吸収もよく身体に優しくなっていますので、特に何か症状があるということでなければこれだけでもいいくらいです。それにプラスしてカルシウムを補いたい場合は、錠剤などではなく、料理に混ぜて使用できる植物性の吸収のよいカルシウムもあります。
あなた様の体調などは文面ではわかりませんので手探りで回答しましたが、ご自身が今までのサプリメントが必要と感じるのであれば、変える必要はありませんし、プラスしていっても構わないと思います。そこは、ご自身の判断になります。
ただし、病院に罹患されている場合の健康食品の摂取は、必ず担当医にご相談ください。

2004/11/01

ナボリンについて

■質問:
病院で処方された薬を飲んでいたのですが、どうしても肩こり腰痛が辛く、眼から脳にかけてピリピリする痛みなどが悩みでした。
ナボリンEB錠を飲みまして、痛みから解放されたような感じです。変な眠気やだるさもなく、お通じもよい感じです。
ひとつ質問ですが、現在税理士の勉強中で眼や脳をよく使うためか、しびれ感と眼精疲労の両方があります。
ナボリンEB錠と、S錠を併用するのはよくないでしょうか。

■答え:
ナボリンEB錠とナボリンS錠はどちらもよく似ている処方ですので、併用されると成分が重なります。
基本的にEB錠で効果が得られない場合に、S錠をお勧めしています。
S錠には葉酸が含まれています。末梢神経のしびれ感などに良い成分のビタミンB12を、葉酸が助ける働きをします。
併用ではなく、EB錠からS錠へ切り替えてみられてはいかがでしょうか。
税理士さんへの勉強は大変だと思いますががんばってくださいね。