2008/01/18

乾燥肌について

■質問:
私は15歳の女性です。前は気になりませんでしたがこの頃、肌が乾燥していると目につきます。特に顎の下がカサついています。また、乾燥肌って皮が向けるものなのでしょうか?
唇も乾燥してるので何か良い方法はありますか?
ちなみに顎の下にはニキビ用のクリームを塗っています。
乾燥の原因はそれにもあるんでしょうか?

■回答:

乾燥肌でお悩みとのことですが根本的に改善していくためには食事を見直していくことが大事です。
まずは、日頃のお食事でバランス良く栄養を摂りましょう。
太りそうだからといって、たんぱく質や脂質を極端に減らした食事などはしないでください。
たんぱく質も脂質もお肌にとっては、大切な栄養素です。
栄養をバランスよく摂るのはなかなかむずかしいかもしれません。
とくに不足しがちなビタミン類をサプリメントで摂っていただくのもいいかもしれません。

ご存知かもしれませんが、お肌の健康にビタミンが大きく関わっています。
中でも、お肌の表皮(表面部分)の乾燥にはビタミンA(ベータカロチン)やビタミンDがお勧めです。

また、いまの乾燥している肌の保湿のためには洗顔後の化粧水も大事です。
化粧水をお肌によくなじませるためには、コットンを使う方法がお勧めです。
コットンに化粧水をとって、まずはお顔全体をコットンでスーッとなでるように化粧水をなじませます。
次にそのコットンでパンパンッとパッティングを行います。途中でコットンが乾いてきたら化粧水をたしながら、お顔全体で2分から3分くらい行います。そうすると、化粧水の保湿成分がお肌によくなじみます。
次に乳液です。
さて、乾燥肌を気にしていると、どうしても乳液をたっぷりつけたくなります。
ただし、これもムラつきの原因となります。乳液はまず、少な目にとって顔全体に伸ばします。
そこで、一度お肌の感触を手のひらで触って確かめてみましょう。
ピタッと手のひらが吸い付くような感触なら乳液の量はもう充分です。
サラサラしているようだったら、足りないのでほんの少量つけたしましょう。
逆に、べたっとしているときはつけすぎです。その時には、もったいないとは思わずに、
ティッシュ顔の上に広げて上から軽く手で押さえて、余分なものをティッシュに吸い取らせましょう。

ビタミンの補給と洗顔後の化粧水や乳液のつけ方でだいぶ乾燥肌も改善してくると思います。
また、にきび用のクリームは油分を吸い取るものがほとんどですから用途以外には使わないようにして下さい。