2007/09/13

運動中の足先のしびれについて

■質問:
40代の女性です。スポーツクラブで中級レベルのエアロビクスをしています。50分位のクラスなのですが、運動している最中、必ず両足先が痺れてしまいます。もともと起立性低血圧障害で体調不良が続き、改善する為に始めた運動だったのですが、最近、特に痺れが頻繁に起きて気になります。
痺れは、足を回したり、ストレッチすると一瞬治るのですが、そのまま運動を続けるとまた、痺れてきて足先の感覚が無くなってしまい運動が楽しめません。正座をしていて起こる痺れと全く同じなのですが、どうしてこんな事が起こるようになったのでしょうか?なにか良い対処方法はないでしょうか?

■回答:
正座した後などの足のしびれは、一時的な神経障害と考えられます。足に神経が圧迫されると、しびれが起こります。圧迫されて神経への血液供給が悪くなると神経から以上な信号がでて、チクチクするしびれ(異常感覚)を引き起こします。ストレッチをすると圧迫が和らいで血行が良くなり、神経機能が回復してしびれが止まります。
中級レベルのエアロビクスということですが、動き方などが中級ということで運動量としては、かなり強めの有酸素運動になると思います。動きが複雑でかつ連続的な運動ですと、上記の正座の時と同じ様な状態が起こっていることも考えられます。ストレッチをすると治るということですから心配はないと思いますが、まったく運動していないときなどもしびれが続いたり、今後も痺れが続くようでしたら、末梢神経障害も考えられます。
これは、足の先の細かい血管の血行不良によりしびれがおこるもので通常、ビタミンB12などの補給により解消することもあります。低血圧の解消のための運動とのことですが、エアロビクスはかなり強度の強いスポーツです。ローインパクトのクラスやヨガなどのコースにするなど、まず、運動の強度を一時的に落とし、ストレッチなどを十分行っていただくことがよろしいでしょう。その上で、まだ痺れが続くようでしたら、一度お医者様にご相談なさってください。検査で異常がなければ、末梢神経の血行を良くするようなお薬が処方されると思います。