正月飾り リース飾り 桜舞 NR-183(1コ入)の通販なら、ケンコーコム

医薬品販売店舗 RakutenDirect

フリーダイヤルでもお気軽に

正月飾り リース飾り 桜舞 NR-183(1コ入)

日本のお正月に欠かせない伝統のしめ飾り

通常価格 851円(税込919円)
発送可能時期 通常1-5日で発送予定
在庫数 1

発売元、製造元、輸入元又は販売元:高山商事

口コミ総合評価 :
この商品の口コミはまだありません。

  • 口コミキャンペーン実施中!詳しくはこちら
  • 口コミを投稿

正月飾り リース飾り 桜舞 NR-183(1コ入)の商品説明

本品は、在庫限りで販売終了となります。
リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。


正月飾り リース飾り 桜舞 NR-183とは
●正月は年神様をお迎えし、新しい年の幸せと安泰を願う日本古来の行事です。
●正月飾りは古い不浄を払い、一年間家族を守っていただける「年神様」を迎え入れるためのものであり、また、五穀豊穣・商売繁盛・家内安全を祈願する意味も込められています。
●玄関やドアに飾るのにぴったりなサイズです。
●また「年神様」を歓迎するだけでなく、来客の方にもお祝いや慶びを表現できます。
●飾り付けについて・・・本来は、12月13日のすす払い(大掃除のルーツ)が終わり、年神様をお迎えするのにふさわしい場になってから飾るものです。現代なら、大掃除が終わり、年神様を迎える準備が整ってから飾ります。一般的にはクリスマスが過ぎた25〜28日までが目安でう。なお、29日は「二重苦」「苦」に通じて縁起が悪く、31日も一夜飾りになるので避ける風習があります。
●正月が終わったら・・・年神様のいらっしゃる「松の内」を過ぎたら外すが、一般的には7日(6日とする場合もあります)、地域によっては15日(14日とする場合もあります)に外します。
●外したものは・・・15日の左義長(どんど焼き)で焼き、正月行事に区切りをつけます。左義長に持っていけない場合には、神社に納めると良いです。それも無理な場合には各自治体の指示に従ってごみとして処分するが、神聖なものなので、ほかのごみと別にしたり、紙に包んで出したりすると気持ちが良いでしょう。
製品情報
【原材料】
素材・材質・・・水草、紙、プラスチック

【規格概要】
本体サイズ・・・約27*25*4cm
本体重量・・・約125g
原産国・・・中国
商品コード:

4952699566618

問合せ先

高山商事
321-0211 栃木県下都賀郡壬生町国谷2033-1
0282-82-0045

正月飾り リース飾り 桜舞 NR-183(1コ入)の口コミ(クチコミ)

この商品の口コミはまだありません。ぜひ最初の口コミを投稿してください!