3M 防護マスク 9210 N95 個包装 20枚入

  • 商品番号:E024547H
当店では現在お取り扱いしておりません
内容量:20枚
JANコード: 0051131370210
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

3M 防護マスク 9210 N95 個包装 20枚入の関連成分

商品説明

「3M 防護マスク 9210 N95 個包装 20枚入」は、さまざまな浮遊危険物質の吸入リスクを軽減するN95マスクです。多くの浮遊危険物質が漂う可能性がある閉鎖的空間。その中に身を投じなければならない方々に、3M防護マスクは、浮遊危険物質の吸入リスクを軽減する有効な手段の一つとなります。防護マスクの事前の準備と正しい装着方法を習得し、有事の際のリスク軽減にお役立てください。3面立体構造の折りたたみ式。ノーズクリップで漏れ込みを軽減します。個包装で衛生的。保管時には平面となり携帯に便利です。オーバーヘッドタイプ。2009年7月製造。
外装箱にへこみがある場合がございますが、ご了承ください。
こちらの商品は、並行輸入品です。※パッケージ形状が掲載画像と異なる場合があります。

使用上の注意

1.正しいフィットが得られない場合は、隔離区域へは入らないでください。
2.このマスクは酸素を供給するタイプのものではありません。酸素濃度19.5%未満の場所では使用できません。
3.一般産業用には使用しないでください。
4.マスクが顔に直接接しないようなあご髭等がある場合には使用しないでください。
5.下記の着用方法と取り外し方法の説明を必ずお読み下さい。
6.マスクが破損したり、呼吸が苦しくなったときは、すぐにその場から退去してください。
7.マスクが汚れたりゴムバンドが破損した場合には、新品のマスクに交換してください。
●着用方法
1.マスクの鼻あてを指のほうにして、ゴムバンドが下にたれるように、カップ状に持ちます。
2.鼻あてを上にしてマスクがあごを包むようにかぶせます。
3.上側のゴムバンドを頭頂部近くにかけます。
4.下側のゴムバンドを首の後ろにかけます。
5.両手で鼻あてを押さえながら、指先で押さえつけるようにして鼻あてを鼻の形にあわせます。
6.両手でマスク全体をおおい、息を強く押し出し空気が漏れいていないかチェックします。
●取り外し方
1.マスクの首の後ろのゴムバンドをはずします。
2.頭頂部のゴムバンドをはずします。
3.捨てる場合はマスク表面にふれずゴムバンドを持って捨てる。

ご注意

並行輸入品の為、国内正規品と成分、パッケージ等が異なる際がございます。予めご了承ください。

警告

このマスクはある種の微粒子状物質に対しては有効ですが、暴露あるいは疾患または感染の危険性を皆無にするものではありません。誤った使用をされますと健康に障害を及ぼしたり、死に至ることがあります。血液または体液で汚染された場合は、ただちに交換してください。

品質表示

粒子捕集効率:95.0%以上
吸気抵抗:35mmH2O(343Pa)以下
排気抵抗:25mmH2O(245Pa)以下

N95マスクとは

N95マスクとは米国国立労働安全衛生研究所が定めたN95基準の認定を受けたマスクです。飛沫核を吸入しないようにするためのマスクで、0.3μmの微粒子(油分を含まない空気中の固体・液体の煙霧質)を95%以上カットする効果があります。

不織布マスクとは

不織布マスクは、文字どおり織らない布でできたマスクです。織ったり、編んだりせず、熱や機械的圧力などで繊維を結合します。布製マスク(ガーゼマスク)が一般的には洗濯して再利用可能なのに対し、不織布マスクは、ほとんどが使い捨てタイプです。プリーツや立体など種類が豊富です。

マスク全部とは

マスクには「冷気や乾燥から鼻やのどを守る」「空気中の浮遊物が体内に取り込まれるのを防ぐ」「口や鼻からの分泌物を撒き散らすのを防ぐ」などの効用があります。日常的に使用できる不織布マスクから、花粉対策やウィルス対策に特化したマスク、防護マスクまで様々な種類があります。



3M 防護マスク 9210 N95 個包装 20枚入のレビュー
評価 レビュー(2件)
レビューを書く
  • さん

    評価: 4点

    インフルエンザや、麻疹など目に見えないウィルスを防ぐために使用しています。まだウィルスにかかっていないので、防いでくれていると思っています。
  • さん

    評価: 5点

    新型インフルエンザ対策にN95マスクが有効、と聞き、購入してみました。今、ためしに装着していますが、多少の息苦しさはあります。そのくらい、しっかりとフィットします。めがねをかけているのですが、めがねがくもることはありません。マスクがちゃんとフィットしている証拠でしょうね。今回の新型インフルエンザが日本に入ってこなくても、今後のパンデミック対策になると期待して、これからも常備しておきます。